Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

現代の名人芸を追い続ける

山本 益博

1948年生まれ 料理評論家、落語評論家、プロデューサー

第24回「COREDO落語会」

私がプロデュースする「COREDO落語会」は、かつての「東横落語会」に倣って、レギュラー制を敷いている。6年前の第1回は、柳家権太楼、柳家花緑、春風亭一之輔の三師匠の高座だった。回を重ねるに従い、柳家さん喬、柳家喬太郎、桃月庵白酒、春風亭一之輔の四師匠が加わった。 第24回の「COREDO落語会」では、久しぶりのレギュラーの師匠連のみの高座となった。開口一番は一之輔師匠の弟子、与いち、今私がひそかに期待している前座である。そのあと、一之輔の『雛鍔』、長屋噺の得意な一之輔が、どんな風に高座で暴れるかが楽しみ。そのあとに、白酒の『寝床』。 師匠本人の希望の演目で決まった。 仲入りのあとは、さん喬の『棒鱈』。師匠自身、『棒鱈』は好きな噺のベスト3に入るそうである。あまり浅い出番ではやりたくないという師匠の想いに沿って、ここぞという出番を考えての『棒鱈』である。 そして、とりは権太楼の『鼠穴』。ネタおろししてまだ間もない長講一席だが、「ねずみ年」の掉尾を飾るにふさわしい高座になるに違いない。

20/12/5(土)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む