Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

歌舞伎とか文楽とか…伝統芸能ってカッコいい!

五十川 晶子

フリー編集者、ライター

5月文楽公演 通し狂言『妹背山婦女庭訓』

今月、国立劇場 小劇場にて、文楽の『妹背山婦女庭訓(いもせやま おんなていきん)』が通しで上演される。 この演目の時代設定は大化の改新。中大兄皇子や中臣鎌足が蘇我入鹿を排除した歴史に、大和地方に残る名所旧跡や伝説が織り込まれ、義太夫に仕立て上げられている。 中でもスペクタクルな大舞台といえば三段目の「妹山背山」の通称「山の段」だ。まず大道具が見事。舞台中央を吉野川が流れ、上手(かみて)が背山、下手(しもて)が妹山。背山には大判事清澄とその息子・久我之助の館が、妹山には太宰後室の定高とその娘・雛鳥の館がある。この両家、まるで『ロミオとジュリエット』のように仲たがいしており、でも久我之助と雛鳥...

19/5/8(水)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む