Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

日本の舞台のほか韓国演劇、フィギュアスケートにも関心あり

上野 紀子

演劇ライター

『メアリ・スチュアート』

日本でよく上演される女優二人芝居とは別モノの、こちらは20人ほどの人物が登場する群像劇。スコットランド女王メアリ・スチュアートとイングランド女王エリザベス一世の因縁の史実、その周囲の重臣などの男たちによる、野心と保身を賭けた激しい権力争いがスリリングに展開するフリードリヒ・シラーの戯曲です。物語の背景は400年前の出来事で、戯曲が書かれたのは200年前だけど、ここに出てくる権力持ったエラい人々が繰り広げるセキララな、身も蓋もない舌戦が怖ろしいほどに今を映し出していて、面白過ぎてゾクゾクすること請け合い。こういう政治劇が大好物な演出家、森新太郎さんが、馴染みの深い世田谷パブリックシアターの空間を駆使して、最高の演劇体験を味わわせてくれるはずです。男なら誰もが落ちる!という魅惑の女王メアリ役は、7年ぶりの舞台出演となる長谷川京子さん。孤高の女王エリザベスに扮するのは、立ち姿だけで品格と存在感を滲ませるシルビア・グラブさん。この申し分ない美女競演に加えて、三浦涼介さん、吉田栄作さん、山崎一さん、藤木孝さんなどのステキ俳優さんたちが、ヒジョーに狡く情けない男となって舞台を駆ける様も見逃せない。強力オススメです。

20/1/22(水)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む