Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

映画と気になることをイラストで紹介!

高松 啓二

1958年生まれ イラストレーター

博士と狂人

1872年、殺人犯の元軍医マイナーは、精神病院に収監される。その頃、マレー博士はオックスフォード大学から、『オックスフォード英語大辞典OED』の編纂責任者に選ばれた(編纂は文献を体系別に整理し書物化すること、編集より上の立場)。本作は辞典を作成した二人の男の実話である。マレーは大学出身者ではなく、独学で言語学者になった苦労人だ。知的で人格者なのに演じるは、あのメル・ギブソン。いつキレるかドキドキするが、意外にも違和感が無い。一方、ショーン・ペン扮するマイナーは、不安定な精神状態でも知性が垣間見える。元ヤンチャな役者二人が、辞典作成するのが面白い! マイナーは偶然手にした本に挟み込まれた辞典のための引用例募集声明文に呼応し、郵便でマレーとやりとりする。まさにSNSの原点で、見知らぬ同士の知性の共鳴が感動的である。作業場の編集部がメモと書籍に埋もれ、PCがないだけで今と変わらないのは微笑ましかった。

20/10/15(木)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む