Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

巨匠から新鋭まで、アジア映画のうねり

紀平 重成

1948年生まれ コラムニスト(元毎日新聞記者)

43年後のアイ・ラヴ・ユー

認知症になった元人気舞台女優に、かつて恋人だった元演劇評論家がもう一度愛を告げたいとの思いから彼女が暮らす施設に認知症のふりをして「潜入」するという世間常識から言えばちょっとアブナイお話です。 入所には成功したものの彼がいくら昔の思い出話をしても彼女には他人事にしか聞こえません。ニューヨークでの出会い、パリの暮らし、大好きだったユリの花の香り。視覚、聴覚、嗅覚など五感を刺激するあの手この手に彼の思いが通じる時は来るのでしょうか? そんなある日、昔彼女が演じたシェイクスピア『冬物語』の観劇会が施設内で開催されます。彼女にとっては十八番の演目。目覚めは訪れるでしょうか? 認知症のフリをしてまで彼女に近づくという一世一代の名演技には驚かされますが、こうまで愛されたら、たとえ覚醒には至らなかったとしても幸せな人生と言えるのではないでしょうか。どちらに転んでもハッピーエンドだと思いました。 カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞したことのあるブルース・ダーンが、昔の恋人に43年も温め続けた恋心を伝える男を熱演しています。

21/1/11(月)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む