Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

世界は美しい。と、毎日確認していたい。

山内宏泰

ライター

ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代

こんな身近にコルビュジエ建築があることを日本の、とりわけ首都圏にいる人たちはいま一度かみしめたいところだ。東京・上野の国立西洋美術館はコルビュジエ設計によるもので、2016年に世界遺産登録されたことにより少々知られるようになったけれど、もっと20世紀を代表する巨匠の建築自体を味わう機会があってもいい。「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ−−ピュリスムの時代」展を開催中のいまは、まさに格好のタイミングだ。 とはいえ展示は建築展の趣ではなく、絵画作品が中心に並ぶ。若き日のコルビュジエは、本名のシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ名義で盛んに油彩画を描き、画家アメデ・オザンファンとともに「ピュリスム」...

19/3/2(土)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む