Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

新進女優や新たな才能にフォーカスした作品を中心に紹介

イソガイマサト

フリーライター

佐々木、イン、マイマイン

今年も将来が楽しみな新人監督たちが次々に登場したが、初監督作『ヴァニタス』でPFFアワード2016に輝いた内山拓也監督のこの長編劇場デビュー作もその内なる才能と心の叫びを爆発させた注目すべき青春ムービーだ。 俳優になるために上京したものの、一向に芽が出ず、恋人としての関係が終わったユキとの同棲生活もダラダラと続けている27歳の悠二(藤原季節)。彼は高校時代の同級生・多田と再会したのをきっかけに、在学中、クラスで圧倒的な存在だった“佐々木”のことを思い出すが……。 佐々木との日々が悠二に力を与える様を、過去と現在を交錯させながら荒々しいタッチで描く構成が絶妙。その過去がどれほど強烈だったのかに説得力を持たせた佐々木のエネルギー全開のパフォーマンス、彼を演じた細川岳の濃いキャラと怪演も見逃せない! さらに、King Gnuや平井賢らのPVも撮っている内山監督だけに、音楽と効果音の使い方も上手くて、悠二の目線で観ている私たちの胸にも自然に熱いものが込み上げてくる(ちなみに、King Gnuの井口理は本作にも出演)。閉塞したいまを生きる現代人の喘ぎや苦悩を生々しく描きながらも、その先を見つめた本作は、同時代のすべての人の背中を押してくれるに違いない。

20/11/25(水)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む