Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

ダメな人が出てくる情けない話やバカげた映画を中心におススメ

村山 章

映画ライター

パブリック 図書館の奇跡

エミリオ・エステヴェスの監督主演作であるというだけでグッとくるのは80年代に青春期を送った証拠かも知れない。エステヴェスは芸能一家に生まれ育った生粋のセレブスターでありながら、同時代の若者の焦燥を象徴する存在だったし、また映画作家としての愚直な誠実さも、応援せずにいられない隣の兄ちゃんのように感じさせる理由だった。 そんなエステヴェスが58歳になり、いささか角は取れたものの、相変わらず誠実で、愚直で、わたしたちの代表であり続けてくれていることを証明するのが本作だ。エステヴェスが演じるのは、不器用な善良さゆえに、ホームレスの図書館立てこもり騒動の首謀者になってしまう司書。人間ひとりにできることは限られているが、ささやかな努力や抵抗は手放したくない。そんななけなしの良心を描き演じるのに、エステヴェスほどの適任者はいない。 とはいえアップデートを続ける現代の価値観からすると、演出や脚本でドンくさい部分はある。それもまた愛嬌であり、ホッとするような懐かしさに繋がっていると思うのだが、若い世代の人たちがその辺をどう評価するのかにも興味津々である。

20/7/21(火)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む