Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

オペラと古楽をとりわけ愛するコンサートソムリエ。司会や執筆で活動中。

朝岡 聡

アナウンサー

新国立劇場オペラ『フィガロの結婚』

新国立劇場の『フィガロの結婚』と言えば、A・ホモキのモノトーンの舞台演出で知られる。刻々と変化するセットは、同時に貴族社会や人間関係の変容を反映していて、見る度に面白さが深まる舞台だ。 今回は日本の女声陣に注目したい。伯爵夫人は大隅智佳子、可憐な美声と感情表現の臼木あいはスザンナ、去年の『セビリアの理髪師』のロジーナで大喝采を浴びた脇園彩がケルビーノを歌う。いずれも最近の新国立劇場で話題となった公演に登場している。 それぞれの役のソロの有名アリアはもちろんだが、この作品ならアンサンブルも大いに楽しみ。とりわけ物語前半では、3人の声のアンサンブル場面が多くある。 モーツァルトのオペラの真価が味わおう。

21/1/31(日)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む