Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

何でも見ます

渡辺 祥子

映画評論家

家なき子 希望の歌声

子供の頃に読んだ本の主人公の少年レミ(マロム・パキン)が歌の上手な子に書き換えられて登場するが、べつに違和感がないのは子役が一緒に旅をするサルや犬よりずっと可愛いから。子役と動物にはどんな名優の名演もかなわない、とは昔からよく言われるけれど、それは常識。だからといって養父からレミを買った旅芸人役のダニエル・オトーゥイユも、良いところを見せようと力んだ芝居はしないのが良い。年季の入った役者の貫禄を見せて、プロの俳優とはこういう人を指すのだろうと思わせる。レミの親探し、レミの出現が邪魔な親戚・・・そういえば、レミを少女版にして「同情するなら金をくれ」と言わせた日本のTVドラマがあったけど、あのえげつなさはここにはない。

20/11/16(月)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む