Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

NO MUSEUM, NO LIFE.

鈴木 芳雄

編集者/美術ジャーナリスト

川端龍子vs.高橋龍太郎コレクション ―会田誠・鴻池朋子・天明屋尚・山口晃―

展覧会が出来上がってしまうと、こんなにうまい組み合わせがあったのかと感じるけれど、これは高度なコラボレーションで、しかも奇縁が結び、成り立ち得た特別な機会だ。 大正、戦前、戦後に活躍した日本画家、川端龍子の作品と、高橋龍太郎コレクションからの会田誠、鴻池朋子、天明屋尚、山口晃の作品を「対決」させる。メインヴィジュアルは龍子が日中戦争を描いた《香炉峰》(1939年)と会田誠の「現実は芸術を模倣する」《紐育空爆之図(戦争画RETURNS)》(1996年)。 こうして、現代の4作家の作品と龍子作品を対峙させてわかったことは日本画家の中でも龍子は独自の特別な地位を築いているということ。龍子の画題も当時の時勢に即しているし、モティーフを高度に練り上げる思考にも恐れ入る。

21/9/8(水)

アプリで読む