Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

エンタテインメント性の強い外国映画や日本映画名作上映も

植草 信和

1949年生まれ フリー編集者(元キネマ旬報編集長)

女たちの街「色」と「花」に彩られた文芸映画の世界

『女は夜化粧する』 特集上映〈女たちの街「色」と「花」に彩られた文芸映画の世界〉 神保町シアターで、11月24日(土)から11月30日(金)まで上映。 山本富士子を「日本映画史上最高の“日本的美人女優”」と評したら、異議申し立てがあるだろうか? 『夜の河』『夜の蝶』『歌行燈』『墨東綺譚』『みだれ髪』など作品評価は別にして、その妖艶さにドギマギさせられ、「夜があるから、化粧する。恋があるから夜を待つ……。」のコピーに惑わされた高校時代(マセ過ぎ!)。 本作での山本の役は、借金のために新劇女優(どう見てもそうは思えない!)を断念して“ギター芸者”になり、ナイトクラブのマダムにまで登りつめる“夜...

18/11/18(日)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む