Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

日本で(多分)一番多くの映画を観る(年間800本!=新作、旧作も入れると…)映画評論家

野村 正昭

映画評論家

日本独立

撮影中の題名は「日本国憲法」だったそうだが、文字通り、現在の日本国憲法成立をめぐるドラマで、地味な物語になるのではという、こちらの危惧を蹴散らす面白さだった。 伊藤俊也監督は、東京裁判を描いた『プライド 運命の瞬間』(98) を撮った後に、本作を構想し、着手しただけあって、長年の宿願を果した執念の一作といえる。のちの首相、吉田茂と白洲次郎の絆を軸に、終戦から憲法制定に至るGHQとの攻防戦が観客の目を釘付けにする。白洲次郎役の浅野忠信の好演もさることながら、吉田茂役の小林薫は特筆もの。共演者をして、現場で“小林薫さんとお会いした記憶がない”と言わしめるほど、メイクの効果もあって、役柄に見事に変身している。宮沢りえ、柄本明、渡辺大、松重豊、伊武雅刀、佐野史郎、石橋蓮司ら、錚々たる演技陣が、映画を見応えのあるものにしている。

20/12/14(月)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む