Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

クラシック、歌舞伎、乱歩&横溝、そしてアイドルの著書多数

中川 右介

1960年生まれ、作家、編集者

パピヨン

フランスといえば、人権宣言であり、革命であり、自由・平等・博愛。ところが、すさまじい人権無視の監獄制度が20世紀前半まであったことに、改めて驚く。45年前、中学生の時に観た前作は、脱獄に挑む男の生き方のかっこよさと、マックイーンとホフマンが演じる二人の友情の物語だと思って観ていたが、こちらが大人になっているせいか、監獄制度への批判精神を強く感じる。 この物語を、2010年代に映画にする意図は、世界中が相互監視社会となり、現代人は大きな監獄の中で生きているのと同じ、そんな時代に自由に生きることが可能なのかを問うため――と難しく考えることもできる。でも、やはり、冒険と友情の娯楽映画である。 前作と比較するのは意味がないが、大きな違いは、前作が描かなかった監獄に入れられるまでと、脱出した後のことも、描かれている点。

19/6/19(水)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む