Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

いつも劇団四季と宝塚と歌舞伎を上演中の劇場にいます

原田 順子

演劇ライター

歌舞伎座『八月納涼歌舞伎』

歌舞伎座の8月は、例年、夏の風物詩とも言える“納涼歌舞伎”が掛かります。大幹部が夏休みを取っている間、働き盛りの役者たちが暑さを物ともせず、他の月ではあまり観られない面白い趣向を繰り広げてくれるので、歌舞伎は敷居が高いと思っている初心者にも、入門編として楽しめるはず。三部制なので各部が約2時間半と短く、その分料金も少し低めとあって、歌舞伎デビューにはもってこいの公演だと思います。 第二部の『東海道中膝栗毛』は、今回で4作目となる人気シリーズで、お馴染み、弥次郎兵衛(松本幸四郎)と喜多八(市川猿之助)のお騒がせコンビが、毎年、ラスベガスに行ったり、“あの世”を巡ったり、抱腹絶倒の旅を続けてきましたが、今年はどこでどんな騒動を引き起こすのでしょうか。 そして第三部の『新版 雪之丞変化』は、これまでも何度となく映画化、舞台化されてきた三上於菟吉原作の『雪之丞変化』を、坂東玉三郎が改めて構成、演出を見直し、自ら、父の仇を討とうとする美しき女方、中村雪之丞役も務めるということで、期待が膨らみます。敵役の土部三斎、師匠の中村菊之丞、盗賊闇太郎など、主要な5役を演じ分ける市川中車の演技にも注目です。

19/8/3(土)

アプリで読む