Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

2次元、3次元、2.5次元 それぞれに魅力がある

能一 ナオ

次元を行き交うエンタメ系ライター

舞台『この音とまれ!』

今年4月からTVアニメも放送された、和楽器の「箏(こと)」に情熱を注ぐ高校“箏曲部”の青春を描く漫画『この音とまれ!』を舞台化。 この舞台の一番の見どころは、舞台上でのキャストによる“箏の生演奏”! 公式サイトでは、箏の練習風景の動画も公開されている。まったく箏に触れたことのないキャストもいる中、2月下旬から演奏の稽古に入り、練習を積んできているという。本当に生で演奏される箏の合奏の迫力を目の前で感じられる贅沢な舞台だ。 主人公の箏曲部1年生・久遠愛を財木琢磨が、2年生の部長・倉田武蔵を古田一紀が演じる。2人はミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン以来の共演。テニミュでは、先輩で部長の手塚国光(財木)と主人公で後輩の越前リョーマ(古田)という配役だったが、今作ではその関係性が真逆になっているところも面白い。 お芝居部分に加え、完璧主義で努力家の古田が引っ張り、きっと箏曲部としての演奏部分でも魅了してくれるだろう。 東京・大阪公演のほかに、今回は箏の盛んな福岡でも上演される。

19/8/11(日)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む