Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

水先案内人のおすすめ

評論家や専門家等、エンタメの目利き&ツウが
いまみるべき1本を毎日お届け!

NO MUSEUM, NO LIFE.

鈴木 芳雄

編集者/美術ジャーナリスト

廣瀬智央 地球はレモンのように青い

フランスのシュルレアリスムの詩人、ポール・エリュアールは1929年にこんな詩を発表した。  地球はオレンジのように青い  間違いない  言葉は嘘をつかない イタリアに住み始めて30年近くになるアーティスト廣瀬智央の展覧会が開催されている。美術館の床を埋める約3万個のレモン。人の感覚の中でも嗅覚や味覚は、聴覚や視覚よりも伝えにくく、記録しにくい。それに挑戦してもいる。展覧会のタイトルはエリュアールを改編し「地球はレモンのように青い」。1960年代イタリアで起こった美術運動「アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)」の流れを汲む廣瀬は身近な素材を使って制作する。レモン、豆、パスタ、新聞、地図…。そしてそれに対比するようにゴールドや水晶。「貧しい」はずの芸術の「豊かさ」に五感が研ぎ澄まされる。

20/6/27(土)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む