Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
ぴあ 総合TOP > 7ORDERのオリジナル動画から伝わるグループ力 舞台、ダンス、トーク……それぞれがもたらす癒しや希望

7ORDERのオリジナル動画から伝わるグループ力 舞台、ダンス、トーク……それぞれがもたらす癒しや希望

音楽

ニュース

リアルサウンド

 “ハッピーをみんなで作り上げていく”をモットーに、2019年5月22日から7ORDER projectと銘打って活動を開始した7ORDER。これまで舞台、歌にダンス、トーク、楽器演奏、バラエティ番組出演と様々な活動を重ね、もうすぐ1周年を迎える。この自粛期間中にも、バラエティに富んだ動画をアップしている。

(関連:7ORDERが語り合う、時代に求められるグループ像 「視野は常に広げておかなきゃ」

 7ORDER projectのYouTubeチャンネルに、4月10日付けでアップされた舞台『7ORDER』ダイジェスト映像。2019年8月22日から行われた彼らの主演舞台『7ORDER』のあらすじに触れられ、かつメンバーの個性が伝わる構成になっている。

 メンバー一人ひとりにフォーカスを当て、名場面がピックアップされているのだが、そこから聞こえてくるセリフには心を掴まれた。舞台にあわせた発声と演技に俳優としての可能性を感じ、楽器演奏、キラキラとした笑顔をみせた歌とダンスのライブパフォーマンス、彼らの武器、可能性がギュッとつまった映像だ。

 4月17日付けでアップされたのは「Make it true short ver.」のダンスプラクティス動画。“Dance Practice”と謳いながらも、カメラワークが冴えたMVさながらの完成度の高さ。広いスタジオの躯体現しの天井、無骨さが楽曲とマッチしていた。

 阿部顕嵐がカメラをスタジオへと誘導すると、森田美勇人、長妻怜央の二人、続いて諸星翔希、真田佑馬、萩谷慧悟、安井謙太郎が加わり、ボーカルのバトンが安井に渡った。しなやかに体を動かす7人、上下左右の動きでカメラを翻弄していく。複雑なフォーメーションをとるも、視線を落とさずにピタリとあるべきポジションに収まる。

 彼らの軌跡とリンクする歌詞、迷いのない動き、アクロバットを交えた躍動感のあるパフォーマンス。セットや衣装を揃えたライブパフォーマンスはさぞかし圧巻だろうと気持ちが高まる。近い将来に楽しみをもたらしてくれた。

 4月14日からは、安井謙太郎によるラジオ仕立てのYouTube動画「せぶんの家でらじおごっこ」がスタート。5月3日現在、Vol.3まで公開されている。安定したトーク力と独創的な画力で視聴者の心を掴む。初回では改めてグループとプロジェクトについて丁寧に説明した上で、メンバーの似顔絵を描きながら安井からみたメンバーのいいところを語った。

 ほのぼのとしたBGMをバックに、少々の不安と笑いを誘う筆運び。線を重ねて絵になっていく様子を眺めながら、慣れ親しんだ安井の声が重なると、緊張が解きほぐされていくような感覚になる。前向きな言葉選びは、自然と気持ちが上向きになるから不思議だ。こんな風に仲間をおもいやる、忘れてはならない大切なことをごく自然な流れで学んだ。心がざわざわする、不安で眠れない……心が落ち着かない時にこそ聞きたい、まるでセラピーのような癒しの効果がある。

 5月2日に公開されたばかりの新着動画「【初公開】○○が土下座!?僕たちの秘密基地 見せちゃいます!」では、彼らが集まる秘密基地を公開。誰が一番遅れて到着するかを競い合ったり、家具を自分たちで運んで造り上げたことだったり、何気ないけれどファンのツボをおさえたエピソードが聞ける。スイッチをオフにした彼らのトークが楽しい。

 時にはメッセージ性のある力強いパフォーマンスを、時には笑いと癒しを、ファンの好物の一つ、メンバーの“わちゃわちゃ”までもが盛り込まれた7ORDERの動画。この1年間でメンバーのパーソナリティが際立ち、これまで積み重ねてきたパフォーマンスがさらに磨かれていく様子に、この先への可能性を感じさせてくれる。なにより、動画を一つ一つ重ねていくたびに彼らへの愛おしさが増していく。(柚月裕実)

次のページ