Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
ぴあ 総合TOP > ぴあ映画 > ジェシー・アイゼンバーグが“パントマイムの神様”演じた主演作、8月公開

ジェシー・アイゼンバーグが“パントマイムの神様”演じた主演作、8月公開

映画

ニュース

ナタリー

「沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~」

ジェシー・アイゼンバーグの主演作「沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~」が8月27日に公開される。

マイケル・ジャクソンのムーンウォークに着想を与えたと言われる“パントマイムの神様”ことマルセル・マルソーの実体験を描く本作。第2次世界大戦中、ナチと協力関係にあったフランス政権に立ち向かうべくレジスタンス運動に身を投じていたマルセルが、ユダヤ人の子供たち123人をスイスへ逃がそうとするさまがつづられる。マルソーは2007年に84歳でこの世を去るまでその活動内容を自ら語ることはなかったが、活動仲間でもあったいとこの証言や膨大な資料をもとに、映画が製作された。

自身もユダヤ人で、母親がプロの道化師だったというアイゼンバーグがマルセル役で主演を務める。マルセルが恋心を抱くエマ役で「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー、“リヨンの虐殺者”と恐れられたナチの親衛隊中尉クラウス・バルビー役で「ワルキューレ」のマティアス・シュヴァイクホーファーが出演。さらにアメリカ陸軍大尉ジョージ・S・パットン役で、「めぐりあう時間たち」のエド・ハリスも参加している。ポーランド系ユダヤ人のジョナサン・ヤクボウィッツが監督を務めた。

このたび本作の場面写真も到着。ナチに親を殺されたユダヤ人の子供たちの笑顔を取り戻すため、マルセルがパントマイムを披露する様子などが切り取られた。

「沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

(c)2019 Resistance Pictures Limited.

次のページ