Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
ぴあ 総合TOP > ぴあ映画 > 柄本時生『CUBE』で“最初の男”演じる 令和版“サイコロステーキ先輩”になるのか

柄本時生『CUBE』で“最初の男”演じる 令和版“サイコロステーキ先輩”になるのか

映画

ニュース

ぴあ

『CUBE』 (C)2021「CUBE」製作委員会

続きを読む

1997年に公開された、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇る同名映画を、ヴィンチェンゾ・ナタリ初の公認リメイクとして、菅田将暉主演で贈る日本版『CUBE』が、10月22日 (金)から全国公開される。この度、俳優陣に柄本時生が“最初の男”として加わることが分かった。

菅田をはじめ、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎などのキャストが揃った本作。謎の立方体「CUBE」に閉じ込められた登場人物たちが、決死の脱出をはかる。

“最初の男”とは、オリジナル『CUBE』に登場する人物で、CUBEに仕掛けられた網目状のワイヤーナイフトラップによってバラバラに切り刻まれて死亡するという役。

人気漫画、アニメ作品『鬼滅の刃』では、主人公・竈門炭治郎の先輩にあたるキャラクターが、一瞬にしてサイコロステーキ状に斬り刻まれて死亡する場面がある。その鮮やかな死に様が話題となり、当該キャラクターは一部で「サイコロステーキ先輩」という名称で親しまれている。

サイコロステーキ状に切断される演出は、映画『バイオハザード』シリーズでも見ることができ、その演出は、ある意味で脈々と受け継がれているといえる。それを辿ると1997年のオリジナル『CUBE』に登場した“最初の男”こそ「元祖サイコロステーキ先輩」といえる存在だ。

そんな注目の“最初の男”の場面写真も公開。一体これから自分の身に何が起こるのか、予測不可能な恐怖によって、表情には緊迫感がにじみ出ている。

演じた柄本は「中学生だったと思うのですが、スゴい作品が出てきたなと衝撃を受けたのを覚えております。現場に入ってセットを見た時、日本でこんなことが出来るのかと感動をしました」とコメントを寄せている。

『CUBE』
10月22日(金)全国公開

次のページ