Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

尾上松也『壽 初春大歌舞伎』で「全力でお正月を盛り上げたい」 中村吉右衛門さんからは「魂と情熱も受け継ぐ」

ぴあ

続きを読む

東京・歌舞伎座で、2022年1月2日(日)から感染予防対策を徹底した上で収容人数の制限を緩和し、完全入替えの三部制による『壽 初春大歌舞伎』を上演することが決定。歌舞伎俳優の尾上松也が、第三部『岩戸の景清』で初役となる平家の豪将・悪七兵衛景清を勤めることになり、12月22日に都内で取材に応じ「来年がもっともっと良い環境になるように、希望に満ちた1年を送りたい、送れると思っていただけるような演目にしたい。全三部、それぞれに花と色が出ているので、全力でお正月を盛り上げたい。思いを受け取っていただければ」と意気込みを語った。

作・河竹黙阿弥の『岩戸の景清』が上演されるのは、昭和53年(1978年)1月の国立劇場以来、44年ぶり。源氏への復讐に執念を燃やす平家の勇将・悪七兵衛景清が江の島の岩窟にこもり、頼朝調伏を念じたために、天下は暗闇となってしまう。そこで源氏方の諸大名らが集まり、岩窟の前で闇を払う神事を始めると、やがて景清が姿を現し......という物語。暗闇の中を互いに探り合う歌舞伎の「だんまり」という様式的な美しい演出で展開し、景清が引き抜く刀によって射し込む光が、新年に明るい兆しを感じさせるひと幕となる。

「非常に独特な世界観であり、歌舞伎のヒーローたちが大集結する豪華な演目。基本的には(前回の)羽左衛門兄さんのスタイルを踏襲しながら、歌舞伎ならではのケレンミを存分に楽しんでいただけると思います。景清はダークヒーロー的な印象で、陰と陽がある魅力的なキャラクター。自分が演じるとは、正直想像できなかったが、お正月ということもあり、(構成上)陽の部分を感じていただけるように作りたい。アイデアが浮かべば、それをチャレンジできる演目」(松也)

「新春浅草歌舞伎」をはじめ、花形世代の中心としてメンバーを引っ張ってきた松也だけに、「若手だけで歌舞伎座の演目を任せていただくのは、ありがたいですし、やりがいがある」。2021年、2022年と「新春浅草歌舞伎」が中止になってしまっただけに、「次こそはという思いもありましたから、みんなでアイデアを出しながら、いいものを作っていきたい。それが“チーム浅草”らしい」と闘志を燃やした。また、「浅草の皆さんにご協力いただくことで、芝居以外のことも勉強できる貴重な公演。メンバーそれぞれ浅草を経て、どれだけ成果を出せるかという登竜門でもあるので」と浅草公演の復活を切に願っていた。

また、先月28日に77歳で亡くなった歌舞伎俳優の中村吉右衛門さんに話題が及ぶと、「本当に偉大な先輩。僕にとっては、あこがれの存在」と神妙な面持ち。2018年の「新春浅草歌舞伎」上演を前に、稽古を受けたと言い「普段は温厚な印象ですが、お稽古では激しく、荒々しい。情熱と本気度に感動しました。一切手を抜かず、細部にまでこだわり、やり尽くす姿を拝見し『僕らもこうでなければ』と思った」と回想。「歌舞伎の伝承とは、芸もそうですが、それと一緒に魂と情熱も受け継ぐんだと最近よく思います。お兄さんの情熱から教わり、学んだことへの感謝を忘れず、それを伝えることが一番大事」と決意を新たにしていた。

取材・文・写真=内田涼

『壽 初春大歌舞伎』
2022年1月2日(日)~2022年1月27日(木)
第一部 午前11時~
第二部 午後2時30分~
第三部 午後6時~
※開場は開演の40分前を予定
【休演】11日(火)、19日(水)
劇場:歌舞伎座