Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ディズニープラスオリジナル韓国ドラマ『グリット』 手に汗握るスリリングな日本語版予告&キービジュアル公開

ぴあ

『グリッド』キービジュアル  (c) 2022 Disney and its related entities

続きを読む

ディズニープラスにおいて、オリジナル韓国ドラマ『グリッド』が2月16日(水)から配信される。この度、日本語版予告とキービジュアルが公開となった。

本作は、数々の短編映画やドラマの監督を経て映画『鬼手』でも注目を集めるリ・ゴンと、パク・チョルファンが監督を務め、脚本には韓国サスペンス・ドラマの金字塔『秘密の森』を手掛けたイ・スヨンが参加。1997年、2021年、2091年という3つの時間を軸に展開する新感覚のサスペンス・スリラーとなっている。かつて地球の危機を救う技術“グリッド”を生み出し、人類を救って空気のように消えた謎の女……。彼女が再び幽霊のように現れ、24年の時を経て、連続殺人鬼の共犯者として戻ってきたことから物語が始まる。

幼い頃から24年間この女の存在を追う政府職員の主人公キム・セハにソ・ガンジュン(『ウォッチャー不正捜査官たちの真実』『キミはロボット』)、事件を追う刑事チョン・セビョクにキム・アジュン(『カンナさん大成功です!』『サイン』)、物語の鍵となるかつて人類を救い、24年後に殺人鬼の共犯者として現れる謎の女(通称・幽霊)役にイ・シヨンほか、キム・ムヨル、チャン・ソヨン、キム・ソンギュン、チャ・ソヌら実力派・人気俳優が名を連ね、緻密なストーリー展開、複雑に絡み合う謎、そして衝撃の真実に向かっていくスリリングな物語を描き出していく。



公開された日本語版予告映像では、ひとつの殺人事件から始まるミステリアスな物語が展開。あわせて公開となった3種類のキービジュアルでは3人のキャラクターがそれぞれ佇む様子が。主人公キム・セハのビジュアルには「1997年、あの日を変えなければならない。」、銃を持った刑事チョン・セビョクが写るビジュアルには「2021年、彼女は目の前から消えた。」、そして神妙な面持ちで前を向く幽霊のビジュアルには「1997年、2021年、2091年救世主か、破壊者か。」という壮大なスケールの世界観とスリリングなストーリー展開を予感させる謎めいたメッセージも記されている。

ディズニープラス「スター」オリジナル韓国ドラマ
『グリッド』2月16日(水)より独占配信開始
(c)2022 Disney and its related entities