Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

市村正親「これが最後とは言いません」と“生涯エンジニア”宣言 『ミス・サイゴン』30周年公演製作発表会見

ぴあ

続きを読む

日本初演30周年を迎えるミュージカル『ミス・サイゴン』の製作発表会見が2月7日、都内で行われた。7月、8月の帝劇公演を皮切りに、11月まで全国9都市で計116公演を予定。会見にはエンジニアを演じる市村正親、駒田一、伊礼彼方、東山義久、キム役の高畑充希、昆夏美、屋比久知奈が出席し、2020年公演中止の悔しさをバネに意気込みを語った。

『レ・ミゼラブル』のクリエイティブ・チームが手がける第2弾公演として製作され、日本では1992年から1年半の帝劇ロングラン以来、通算上演回数1463回を重ねる大ヒット作。ベトナム戦争末期のサイゴンを舞台に、エンジニアの経営するキャバレーで知り合った、ベトナム人の少女キムと米兵クリスの愛と別離、運命的な再会、そして、キムの子タムへの究極の愛が、すべて歌で表現される。
足かけ30年間、エンジニアを演じる市村は「これが最後とは言いません。足腰立つまで、車椅子に乗りながらでも(笑)、エンジニアを演じていきます。しがみついて離さない。それがエンジニアの生き方ですから」と“生涯エンジニア”宣言。「孤独にひたむきに。あの時代を生き抜いた男を、今の年齢で演じてみたい」と73歳でのエンジニア役に闘志を燃やし、「戦争が生み出す悲劇を目の当たりにしていただき、世界に漂う危ない雰囲気が少しでもなくなってくれれば。コロナ禍ですけど、劇場もしっかり感染対策していますし、みんなで頑張って乗り切って、最高の舞台を見せたい」と役柄そのままに、エネルギッシュな熱弁でチームを結束させた。

そんな市村の姿に、3度目のエンジニア役に挑む駒田も「僕もどこか同じ気持ち。しがみついて、生き延びていかなければ」と決意表明。伊礼と東山は2020年の公演中止を経て、初めてエンジニア役を務めることになり「2年前は30代でエンジニアをやれると興奮したが、先日40歳になりまして。40歳にして30周年の作品ということで、神様が試練を与えてくれたと前向きに取り組みたい」(伊礼)、「夢のようにスタートした稽古が中止になってしまい、夢の終わりのようで、心に穴が開いてしまった。この2年の経験で、エンターテインメントは絶対に必要だと誇りに思えるようになり、(2年前とは)全然違う気持ちで舞台に立てている」(東山)と話していた。

一方、キム役を演じる新キャストの高畑は、やはり2年前の公演中止に対する悔しさ・寂しさを明かし「せっかく2年延びての30周年なので、パワフルな公演になると思うし、しなければ。最後まで走り切れたら、最高」と背筋を伸ばす。キャスト3人がキムを演じることについても「すばらしい」と語り、「あの時代はキムのような女性がたくさんいたはずで、それぞれが違うキムになる。昆ちゃん、屋比久ちゃんを見ているだけでインスピレーションが湧くし、刺激を受ける。自分が演じるキムが、どんなものになるかも楽しみ」と声を弾ませた。

2014年公演に続き、キムを演じる昆は「キム同士、お互いに良いところを見つけながら、仲を深めて、各々のキムを作って楽しんでいただければ」とアピール。新キャストの屋比久は「ただの純愛ストーリーではなく、あの時代に生きた女性の生きざまや選択を深く理解し、愛しながら、強さと弱さ、美しい部分、汚い部分も含めてすべてを表現したい」と思いのたけを語っていた。

取材・文・写真=内田涼

【公演スケジュール】
2022年7月29日(金)~8月31日(水)
(プレビュー公演 7月24日~7月28日)
東京:帝国劇場

2022年9月9日(金)~9月19日(月)
大阪:梅田芸術劇場メインホール

2022年9月23日(金)~9月26日(月)
愛知:愛知県芸術劇場 大ホール

2022年9月30日(金)~10月2日(日)
長野:まつもと市民芸術館

2022年10月7日(金)~10月10日(月)
北海道:札幌文化芸術劇場 hitaru

2022年10月15日(土)~10月17日(月)
富山:オーバード・ホール

2022年10月21日(金)~10月31日(月)
福岡:博多座

2022年11月4日(金)~11月6日(日)
静岡:アクトシティ浜松 大ホール

2022年11月11日(金)~11月13日(日)
埼玉:ウェスタ川越 大ホール