Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ピーターラビット(TM)の誕生前夜から今日までの歩みを振り返る 『出版120周年 ピーターラビット(TM)展』3月26日より開催

ぴあ

《『ピーターラビットのおはなし』挿絵原画》ビアトリクス・ポター 1902年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(リンダーコレクションからの寄贈) Courtesy of The Victoria and Albert Museum and Frederick Warne & Co.

続きを読む

今なお世界中で愛され続けるいたずら好きなウサギ、ピーターラビット(TM)。1902 年にフレデリック・ウォーン社から刊行されたシリーズ第一作『ピーターラビットのおはなし』から、2022年の今年出版120周年を迎えることを記念して、『出版120周年 ピーターラビット(TM)展』が、3月26日(土)より世田谷美術館にて開催される。

同展では、作者のビアトリクス・ポター(TM)が「ピーターラビット」シリーズを描くきっかけとなった作品の原点である絵手紙《ノエル・ムーア宛ての絵手紙》、「ピーターラビット」以前にビアトリクスによって描かれたウサギのスケッチ、シリーズ最初の絵本『ピーターラビットのおはなし』の彩色画全点を一同に展示するなど、日本初公開となる作品が多数展示される。そのほか、私家版や草稿本、100年以上前に作られた作家自身の発案による貴重な関連アイテムなど、約170点を紹介。

会場には、ピーターラビットの世界を体験できるイギリス湖水地方のテーマパークThe World of Beatrix Potter Attractionが、同展のために特別に制作した、高さ180cmの特大バースデーケーキも登場予定だ。

豊かな自然と田園風景の中で動物たちを観察し、スケッチすることにより生まれた「ピーターラビット」シリーズの世界を体感したい。

《『ピーターラビットのおはなし』初版:濃茶色厚紙装丁》 フレデリック・ウォーン社 1902年 ウォーン・アーカイブ/フレデリック・ウォーン社 (C) Frederick Warne & Co. Ltd, 2021
《庭の野ウサギ》ビアトリクス・ポター 1892年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(リンダーコレクションからの寄贈) Courtesy of The Victoria and Albert Museum and Frederick Warne & Co.
《『ピーターラビットのおはなし』挿絵原画》ビアトリクス・ポター 1902年 ウォーン・アーカイブ/フレデリック・ウォーン社 (C) Frederick Warne & Co. Ltd, 2017

【開催概要】
『出版120周年 ピーターラビット(TM)展』
会期:2022年3月26日(土)〜2022年6月19日(日)
会場:世田谷美術館1階展示室
時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日(5月2日は開館)
料金:一般1,600円、65歳以上1,300円、大高800円、中小500円
※会期中の土日・祝休日および 5月2日(月)は、日時指定券の事前販売あり
■展覧会公式サイト: https://peter120.exhibit.jp
PETER RABBIT(TM) & BEATRIX POTTER(TM) (C) Frederick Warne & Co., 2022