Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

小池徹平「痛みを超える楽しさがある」 ミュージカル『るろうに剣心』で体当たりの熱演

ぴあ

ミュージカル『るろうに剣心 京都編』取材会より 撮影:内田涼

続きを読む

俳優の小池徹平が5月16日、360度シアターIHIステージアラウンド東京で行われた主演ミュージカル『るろうに剣心 京都編』の取材会・フォトコールに出席。延期を乗り越え、2年越しの上演が開幕目前となり「時間はかかりましたが、ようやくここまで来られたと実感が湧いてきた」と心境を明かし、「体の痛みと日々戦いながら、頑張っています。演じている間は不思議と痛みを感じないし、痛みを超える楽しさがある」と体当たりの熱演に手応えを示した。

和月伸宏氏による大人気コミック『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の中でも、ファンの間で特に人気が高い“京都編”をミュージカル化。日本で唯一の客席が回転するIHIステージアラウンド東京を会場に、客席の回転、スクリーンの動き、映像、音楽、照明が一体となり、これまでの舞台とも映画とも違った、疾走感と臨場感が演出される。

「戦闘シーンが多い京都編を再現するため、劇場の良さを生かす殺陣になっている。ミュージカルですから歌もありますし、見どころが詰まった作品」と小池。役どころについては「戦いを通して、相手に対して道を示してあげる。優しさや器の大きさ、人を受け入れる気持ち。そんな剣心の優しさに救われている」と語り、「何かを守るために生きようとする姿に共感する」とも。日々、激しいアクションに臨み「体重も減りましたし、しゃがむ姿勢が多いので、お尻がすごくでかくなってきて(笑)。左利きですが、刀は右手で持つので、右腕に筋肉がつきました」と身体的な変化も明かした。

取材会には小池に加えて、共演する黒羽麻璃央(志々雄真実役)、加藤和樹(比古清十郎役)が出席。悪役に挑む黒羽は「剣心の存在があるから、志々雄の悪が光る。クライマックスの対決シーンまで、大事に大事に、勢いよく演じたい」と意気込み。劇中では包帯で素顔が見えない状態で、「表情での表現は難しいので、普段よりも少しお芝居を大きくする工夫をしている。包帯は暑いですが、ようやく体にもなじみ、暑ささえ心地よい」と役作りの苦心を語った。そんな黒羽に対し、小池は「本当に頼もしい」と太鼓判を押した。

加藤が演じる比古清十郎は、剣心の師匠にあたる存在で「師匠たる圧倒的な強さ、底が知れないミステリアスさを、立ち振る舞いでいかに見せるか考えている」とこちらも意気込みは十分。特徴的なマントさばきに苦労しているといい「美しく、力強く舞えるか本番中も研究したい」と話していた。

取材・文・撮影=内田涼

<公演情報>
ミュージカル『るろうに剣心 京都編』

2022年5月17日(火) ~6月24日(金)
会場:IHIステージアラウンド東京