Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
ぴあ 総合TOP > ぴあ映画 > 【インタビュー】中川大志の独特すぎるテスト対策&渡邊圭祐のズルすぎる単位取得術とは…?

【インタビュー】中川大志の独特すぎるテスト対策&渡邊圭祐のズルすぎる単位取得術とは…?

映画

インタビュー

ぴあ

左から中川大志、渡邊圭祐 撮影:友野雄

続きを読む

フォトギャラリー(17件)

すべて見る

冴えないフリーター・日野三春に舞い込んだ正社員のオファー。しかし、それは普通の求人ではなかった。

勤務地は、北極。会社名は、サンタクロースハウス。仕事内容は、世界中の子どもたちにプレゼントを配る超激務の“ブラックサンタ”。そんな誰も知らないブラックサンタの奮闘を描いたのが、映画『ブラックナイトパレード』だ。

主人公・日野三春役に、吉沢亮。そして、可愛らしい見た目とは裏腹に狂気的な天才ハッカー・北条志乃を橋本環奈、何かと三春の邪魔をしてくるDQNのチャラ男・田中カイザーを中川大志、笑わないイケメン料理長・古平鉄平を渡邊圭祐が演じる。

プレゼントの配達員である「トナカイ」を目指して、実技試験に挑む三春たち。そんなストーリーにちなんで、2人のテストに関する思い出を聞くと、意外な学生時代が見えてきた。

圭祐くんは、地元の友達に近い感覚がある

――お2人は今回が初共演です。

中川 圭祐くんとは、初めて会ったときから、たぶん合うだろうなっていう空気感みたいなのがあって。それこそ吉沢くんがまさにそうなんですけど、周波数が合う人って同じ役者同士でも地元の友達みたいな感覚なんですよ。圭祐くんにもその感覚に近いものを勝手に感じていました。

渡邊 僕もわりと地元大好き人間で、地元の友達と感覚が近しい人って仲良くなりやすいというか距離を詰めやすいんですけど、言われてみたら確かにそういうシンパシー的な部分は大志にもあって。だからか、今回の現場はすごくやりやすかったんです。明日何喋ろうかなみたいな気負いが一切なく、ナチュラルな形で毎日現場に入れました。

――じゃあ撮影も楽しく。

中川 そうですね。圭祐くんの演じた鉄平が笑わない役だったんで、それをいかに誰も気づかないようなところで笑かせようとするかみたいなことはやってました(笑)。

渡邊 あの腕相撲のところとかね(笑)。

中川 そうそう。ちっちゃい声で「あっ」て言ってて。

渡邊 今回の現場は楽しませるのが好きな人ばっかりで。拾われると思わずにやってた「あっ」を、ちゃんと拾ってくれてました。

中川 他は誰も気づいていないんだけど、僕がちょうど隣にいたんで(笑)。そういう小さいリアクションもね、ぜひお客さんには見逃さないでいただきたいです。

中川大志

――あの帽子の妖精がプレゼントを出していくシーンとか、渡邊さん、笑ってませんでした…?

渡邊 あそこはめちゃくちゃ笑ってます(笑)。

中川 完成したのを観たとき、ずっと笑ってるなと思った(笑)。

渡邊 あそこは負けちゃいました。意味もなくベルトコンベアを何回も見てますから。

――中川さんも思わず素で笑ってしまったところがあったり?

中川 カイザーは素笑いしちゃうとキャラが破綻しちゃうので、そこは頑張りました。まあ、二朗さんとのシーンはちょっと危なかったですけど。

渡邊 あれはセーフ?

中川 あれは俺的には堪えていた(笑)。二朗さんってノリでやってるように見えて、ものすごく緻密な計算のもとお芝居をされるんですよ。それがすごくて。同じことをずっと言い続けるシーンがあるんですけど、あそこはちょっと危なかったです。

改めて吉沢亮はすごいなと思った

――主演の吉沢亮さんのお話も聞かせてください。中川さんはもう旧知の仲ですが、共演自体は久しぶりですよね。

中川 そうですね。初めて共演したときは、僕はまだ10代だったし、吉沢くんも20歳とかそれくらいで。そこから考えると、変わっていないなっていう安心感もあるけど、お互いいろいろ経験を積んできて、任されるポジションとか変わったものもたくさんあって。久しぶりに一緒にお芝居をして、いっぱい戦ってきたんだろうなっていうのはすごく感じましたね。

――渡邊さんは今回が初共演です。渡邊さんから見て吉沢さんはどんな人でしたか。

渡邊 愉快な人ですね。テレビだったり、舞台挨拶のイメージでは、結構リップサービスをしてくれる人なんだなという印象があって。吉沢さんの中で表舞台に立つときのギアがあって、裏では静かなタイプなのかなって思っていたんです。その印象自体はおおむね間違ってないんですけど、そのギアも別に無理につくっているものではないというか。裏表がない人なのかなっていうのが今回ご一緒してみての発見でした。

――では、吉沢さんのお芝居に対する感想も聞かせてください。

中川 すごく繊細でありながら、明確なお芝居をする人だなと。それは一緒にやってみてもそうですけど、完成した作品を観て特にそう思いました。キャラクターの機微を絶妙に捉えるのはもちろん、それを曖昧ではなく明確に表現してくれるので、吉沢くんの演じる役の感情がストレートに伝わってくるんです。それってなかなかできることではなくて。

渡邊圭祐

渡邊 わかる気がします。僕の言葉で言うと、芯が太い人だなという感想なんですけど。ちゃんと吉沢さんの中で決めてる指標があって、こっちが何をやっても絶対ブレない。だからこっちがいくらブレても、吉沢さんの立てた芯まで戻れば、ちゃんと僕の役も成り立つっていう安心感があるんです。

中川 やっぱり真ん中に立ってる人がどういう芝居をする人かで、映画のテンポやメリハリ、気持ちよさみたいなものって変わってくると思うんですけど。そういう意味でも、今回一緒にやってもそうなんですけど、完成した作品を観て、改めて吉沢亮はすごいなと思いました。

渡邊 カイザーをはじめ個性の強いキャラクターがいっぱいボケられたのも、吉沢さんが真ん中にいる安心感が大きかったんだろうなっていうのは見てて感じましたし。絶対にブレない芯を持つことの大事さは勉強になりました。

中学生の頃からずる賢く生きていました(笑)

――「いい子」にやってくるのは赤いサンタクロース、「悪い子」のもとを訪れるのが黒いサンタクロースという設定が面白かったです。お2人は「いい子」という言葉にどんなことを感じますか。

渡邊 大志は好青年です。僕、この仕事を始めて4〜5年になりますけど、今まで出会ってきた中でいちばんの好青年。

中川 そう?(照) まあやっぱり子どものときからこの仕事をやってきたからね。

渡邊 そういうのってあるんだ?

中川 大人に囲まれて育ったので、どうしても「いい子」でいなきゃいけないっていう圧は勝手に感じていたと思う。周囲の顔色を窺うセンサーみたいなものが子どものときからものすごく発達に発達しまくってきたんで(笑)、体に自然と染み込んじゃってるんですよ。その反面、そんな自分なんてクソくらえだと思う自分もいたし。もっと馬鹿で鈍感になれていたら楽なのかなと思う瞬間もあったりで。

渡邊 でも正直、いい顔していた方が生きやすいじゃないですか。僕は自分のことを嫌だなと思う人の数を極力減らす活動みたいなのを常にしてきた方かもしれないです。全部が計算で動いてるっていうのをやりすぎて、もはや自分で計算せずともそういう行動が染みついてできるようになってるっていうのは僕にもあるかもしれません。それが自分の「いい子」でもあり、捉えようによってはいやらしい子でもありっていうのが、僕の自己分析です(笑)。

――逆に「悪い子」な部分もありますか。

中川 僕、田舎育ちなので、中学のときは同級生とかどんどんヤンチャになって悪いことばっかりしてたんですよ。でも僕はもうこの仕事をしていたし、芸能活動をする上で先生たちにいろいろ助けてもらったり融通を利かせてもらっていたんで、先生からは君はそういうことはしないよねっていう圧があって。でも、僕は僕で年頃だし、ヤンチャやってる友達と遊びたいっていう気持ちもあって。そういう大人からの「いい子」でいてほしいっていうプレッシャーと、「悪い子」をやって楽しんでる友達とのはざまで、中学のときは揺れ動いていた思い出はありますね。

渡邊 中学校自体がヤンチャな学校だったんで、僕もそういう部分はありました。でもその中で先生からのポイント集めは欠かさないみたいな生徒でした。この先生をおさえておけば大丈夫、みたいな先生っているじゃないですか。何かやらかしたときに守ってくれる大人を味方につけとくみたいな策は当時すでにもう身につけてました。無駄に信頼してもらっているせいで、何か問題が起きたときに、僕も当事者なのに、なぜか第三者の立場で先生から話を聞かれるみたいなことは普通にありました。そこは「悪い子」ですよね。

中川 学生時代の話を聞けば大体わかりますよね、その人がどういう人なのか。こういうタイプの人はいるんですよ。頭いいんだよね(笑)。

渡邊 狡猾にね。ずる賢く生きてきたんで(笑)。

中川 ずる賢いっすね(笑)。

――中川さんはそういうタイプではなかった?

中川 僕はそこまで計算っていう感じではなかったですけど。

渡邊 (じっと中川を見て)嘘ついてる目してるな〜。

中川 してないよ(笑)。でも圭祐くんみたいなタイプはいました、僕の友達にも。全員怒られてるのに1人だけ免れているっていう。

渡邊 そう。しれっとね(笑)。

単位が危ういときは、よく先生に頼み込んでました(笑)

――本作は「トナカイ」の実技試験が山場になりますが、お2人の試験に関する思い出を聞かせていただけますか。

中川 覚えてるのが、高校のときに歴史のテストがあって。僕はテストに関しては前もって準備するタイプではないので、一夜漬けが多いんですけど(笑)。役者やってる友達と2人で家に泊まり込んで、2人芝居の台本を書いて、年号とか人名とか、そういうのを全部セリフにして覚えるっていうのをやったことがあります(笑)。

渡邊 すごい!

中川 ものすごく長生きしてる2人っていう設定で。「あの頃はあんなことがありましたね」とか「あの人がものすごい嫌な性格でね」とか、そういう掛け合いをするんですよ。で、それを台詞として覚えるっていう。

渡邊 役者だね。結果はどうだったの?

中川 ものすごくいい点数を叩き出しました。なんだろうね。やり方が自分に合ってたのかもしれない(笑)。

渡邊 僕は決して勤勉な人間ではなかったので、いいお話が何もないんです。その証拠に、普通、大学4年生ってみんな就活があるから授業ってほとんど取らないじゃないですか。でも、僕はそれまでサボりっぱなしだったから、4年なのにフルコマ(1日中ずっと授業が入ってること)だったんです。それにもかかわらず、1回も授業に出ていない科目があって。テストの前日に先生に「1回も授業出ていないんですけど、単位もらえますか」って聞きにいったんです。

中川 それもすごいね。

渡邊 その先生が1年生のときにお世話になった先生だったから、僕のことを覚えてくれていて。「ちゃんとテストに出たら単位をあげるよ」って言われたのに、テスト当日、寝坊した上にトラブルがあって、結局テストを受けられなかった。

中川 え。で、どうしたの?

渡邊 もう1回、先生のところに頼み込みに行った(笑)。そしたらレポートを書いたら単位をくれるっていう話になって。結局レポートを出して、よかったこれで卒業だって安心してたら、別のテストの点が悪すぎて結局単位が取れなかった。

中川 ダメじゃん(笑)。

渡邊 だから、また頼み込みですよ。「すみません、単位ください」ってヘコヘコしに行ったら、「僕、そういうのやってないから」って跳ね返されちゃって(笑)。

中川 いつもの手がきかなかったんだ(笑)。

渡邊 だから死ぬ気で頑張って追試を受けて、なんとか単位をもらえたんだけど。後々聞いた話によると、いちばんお世話になった先生が卒業できるように単位を取らせてくれたみたいで。持つべきものは縁だなと思いました。

中川 最後、いい話みたいにまとめたね(笑)。

渡邊 媚びへつらうがうまくて良かったなっていう。(中川にくっついて)これからも仲良くしような〜!(と、甘える)

中川 もちろん! 俺、そういうの、大好きだから(笑)。

取材・文:横川良明 撮影:友野雄

ぴあアプリ限定!

アプリで応募プレゼント

中川さん・渡邉さんのサイン入りポラを1名様に!

【応募方法】

1. 「ぴあアプリ」をダウンロードする。

こちらからもダウンロードできます

2. 「ぴあアプリ」をインストールしたら早速応募!

<作品情報>
『ブラックナイトパレード』

12月23日(金) 全国公開

公式HP:
https://bnp-movie.jp

Twitter:
https://twitter.com/bnp_movie

次のページ

フォトギャラリー(17件)

すべて見る