Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特集陳列 伊萬里焼の割付文様

19/9/14(土)~20/2/24(月)

栗田美術館

割付文様とはあまり聞きなれない言葉かもしれない。これは、一単位の文様を規則的に繋いだものの総称で、世界的にみられる普遍的な意匠だ。例えば、直線や曲線で構成される格子や襷、丸などがその典型だが、これらは抽象的な構成であるため幾何学文様とも呼ばれる。また七宝や亀甲、青海波、網目などのように、本来はそれぞれ意味のある図柄であっても、それらは規則的に繋いで構成されているため割付文様の一つとされる。
このように割付文様は、家長文様や風景文様といった具象的なデザインとは対極をなすものだが、双方を組み合わせて文様とされることも少なくない。今回の特集陳列では、さまざまな割付文様を取り入れた館蔵作品、50件余りを展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日休館(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月2日)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1250円(1000円)、小・中・高500円(400円)

※( )内は20名以上の団体料金
※チラシ持参の場合は会期中団体料金で入館可
※他の割引との併用はできません
※12月20日(金)は創立者記念日につき入館無料

お問い合わせ

アプリで読む