Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

琳派展21 没後200年 中村芳中

19/10/26(土)~19/12/22(日)

細見美術館

同館恒例の琳派展の第21弾は、没後200年を記念して中村芳中(?~1819)を特集する。中村芳中は、江戸後期に京で生まれ、大坂を中心に活躍した琳派の絵師として知られている。
はじめ大坂の文人たちと親しく交わり、文人画風の山水画を描いたほか、指頭画の名手としてその名を知られる存在だった。また当時、自由な気風の画家として着目されていた尾形光琳に触発され、琳派が得意とした「たらし込み」を多用した草花図を描き、「光琳風」の画家として広く親しまれた。
一方、生涯にわたって俳諧を好み、多くの俳人と交流しながら俳画や俳書の挿絵などを手掛けている。
本展では、近年そのゆるい表現が「かわいい」と評される芳中の作品の数々を紹介。琳派風の草花を描いた屛風や扇面、人気の高い版本『光琳画譜』(享和2年刊)のほか、文人画風の山水画や指頭画、俳画や俳書の挿絵など、ほのぼのと愛らしい芳中画の世界を愉しんでほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日休館(祝日の場合は、翌火曜日)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1400円(1300円)、学生1100円(1000円)

※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示で団体料金にご優待

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む