Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

篠原貴之 水墨絵画展

19/6/19(水)~19/6/25(火)

Bunkamura Gallery

墨と水のみを用いて描かれる、欧州の街並み、里山の自然、季節の花々。篠原貴之は、これまでの水墨画の古典的なイメージから抜け出し、自由な視点と発想で新たな墨の世界を創りだす。
教会に射す光、男の燻らせるパイプの煙、木々のざわめき、、、。 見えているもののみを描くのではなく、光と影を墨の濃淡で巧みに表現し、残された余白がその空間全体を完成へと導く。そこに浮かび上がる風景は、時に情熱的に、時に静寂の中で、筆を走らせた息づかいをも感じさせ、私たちの心の琴線に触れる衝撃をもたらす。そして同時に、ふと胸を撫で下ろすような、また、まだ見ぬ土地に思いを馳せるような、ときめきや安らぎを感じさせる。
本展では、イタリアの風景、日本の自然、花をはじめとする静物など、篠原の目が捉え、筆墨の力を味方につけて奔放に表現された様々な作品群で新たな水墨画の可能性に迫る。
彼の手に握られた一本の筆から滲む墨の色、光の気配、そして余白の白、その全てから現代に共鳴する水墨画を体感することができる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

10:00~19:30、会期中無休

最終日は17:00まで

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む