Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

田中彰《町田芹ヶ谷えごのき縁起》2019年 作家蔵

インプリントまちだ展2019 -田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起

19/7/6(土)~19/9/23(月)

町田市立国際版画美術館

若手アーティストが町田に取材した作品を発表する「インプリントまちだ」の第三弾として、田中彰(たなか・しょう、1988年生まれ)を招へいする。
自然と人の関わりを木版画で表現してきた田中は、町田のなかで「木と人が築いてきた関係性」に注目。同館が位置する芹ヶ谷公園の再整備で伐採予定だった「エゴノキ」を、作家とその活動に共鳴するさまざまな専門家の力を借りて根から丁寧に掘り起こした。
子供たちが木登りを楽しんだエゴノキから切り出した版木には作家が町田での取材から得たイメージが刻まれていく。「きのおくのきおく きおくのおくのき」に耳を澄ませて作られた作品は、一本の木が積み重ねた年月と、人と木との出会いを包み込み、新たな縁を結んでいくことになるだろう。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(7月15日、8月12日、9月16日、23日(月・祝)は開館、7月16日、8月13日、9月17日(火)は休館)

※土・日・祝日は17:30まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般800(600)円、大学・高校生と65歳以上400(300)円

※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※上記観覧料で「畦地梅太郎 わたしの山男」もご覧いただけます。  
※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をご提示の方と付き添いの方1名は半額
※展覧会初日7/6(土)は入場無料

出品作家

アプリで読む