Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

みんなのための資本論

15/11/21(土)

ユーロスペースにて公開

アメリカを代表する経済学者が説く社会の未来

ビル・クリントン大統領の政権下で労働長官を務めたロバート・ライシュの経済論にスポットを当て、サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞したドキュメンタリー。ごく少数の富裕層に富が集中する格差社会の現状を踏まえ、未来への処方箋を提示する。字幕監修を担当したのは、トマ・ピケティのベストセラー『21世紀の資本』の翻訳者、山形浩生。

ビル&ヒラリーのクリントン夫妻とともにオックスフォード大学で学び、『暴走する資本主義』『格差と民主主義』などの著作を発表してきたロバート・ライシュ。先進国における格差拡大にいち早く注目してきた彼が、資本主義社会の大転換を唱える姿を映し出す。

アプリで読む