Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

【開催中止】のらくろであります!田河水泡と子供マンガの遊園地(ワンダーランド)

19/9/18(水)~19/11/24(日)

川崎市市民ミュージアム

※台風19号の被害のため、開催中止。

2019年は、漫画家・田河水泡(たがわすいほう)(1899-1989)の生誕120年にあたる。彼の代表作「のらくろ」は、『少年倶楽部』1931(昭和6)年1月号から連載開始し、瞬く間に大人気となった。その成功はマンガだけに留まらず、演劇やアニメーション映画、レコード、人形やお菓子のおまけなど多方面にわたり、「のらくろ」は、時代を代表する文化的なアイコンとなっていった。
田河のもとには、杉浦茂や長谷川町子といった漫画家を志す才能豊かな弟子たちが集まった。また、他の出版社もマンガ分野に参入し始めたことで新進の漫画家たちが台頭し、大量の子供向けマンガが市場に登場しはじめる。このなかで醸成された、豊潤な子供向け物語マンガの潮流は戦中も絶えることなく続き、戦後に手塚治虫などの新たな才能を育む土壌として、マンガ文化を大きく躍進させる原動力となっていったのだ。
本展では、明治から始まる子供向けマンガの歴史をふまえ、田河水泡が戦前期のマンガやその他の分野に残した足跡と影響を軸に、「のらくろ」とともに昭和戦前期に花開いた、知られざる「子供マンガ」の豊かな世界を再発見する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日(ただし9月23日、10月14日、11月4日は開館)、9月24日(火)、10月23日(水)、11月5日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般700円(560円)、学生・65歳以上500円(400円)、中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料
※リピーター割:半券提示で200円割引
※10月20日(日)中原区民祭の日、11月1日(金)開館記念日は、観覧料が無料

出品作家

アプリで読む