Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

駒形友梨が持つ歌声の強さと変幻自在さ “これまでの集大成”提示した初のソロライブを見て

リアルサウンド

19/2/16(土) 10:00

 声優/アーティストの駒形友梨が行なったライブ『Komagata Yuri 1st Live ~starting in the 〔CORE〕~』は、初めてのソロライブにして、彼女の持つ歌声の強さ、変幻自在さが存分に発揮された公演だった。

(関連:駒形友梨が明かす、歌声のルーツ 「“核”はやっぱりキャラソンやアニソン」

 駒形はこれまでも『キラキラ☆プリキュアアラモード』『アイドルマスターミリオンライブ!』や、Sound Horizonのボーカルなど、声優としても歌手としても歌唱し、舞台にも立ってきたが、ソロで自身の名義のワンマンライブは今回が初めて。とはいえ、大きな舞台を経験したことからか、ステージ上ではそんな初々しさをいい意味で感じさせないパフォーマンスの数々が繰り広げられた。

 開演時間になり、ステージが暗転したあと、1stミニアルバム『〔CORE〕』のオープニングを飾る「starting in the haze」の静かな音色が流れ出す。ゆっくりとステージが青いライトに包み込まれ、同作のジャケット撮影時にも使用した“〔 〕”のセットをバックに駒形が登場し、ウィスパーボイスで緩やかに歌い始め、力強いサビへと変化していく。1stライブとは思えないほど、堂々とした立ち振る舞いに驚かされた。

 ここから疾走感のあるピアノロック「メイズ」へ続くのは『〔CORE〕』と同じ流れ。この2曲はともに矢野達也が手がけており、駒形もインタビューで「作品全体のプロローグ的な位置付けで、『この作品はどんな感じになるんだろう?』と期待して聴いている人を一気にこの作品の世界観に引き込むような感じ」(引用:駒形友梨が明かす、歌声のルーツ 「“核”はやっぱりキャラソンやアニソン」)と話していたが、まさに観客をライブの世界観にグッと引きずりこむのにうってつけの流れで、早くも彼女の術中にハマってしまった。3曲目「Lonely Blueが終わる頃には」とそれに続く「ソノヒ」は、ともに歌謡曲を下敷きにしたアプローチの曲ではあるものの、前者はファンク、後者はラテンと参照しているジャンルは異なる。駒形はそんな2曲をそれぞれのテイストに応じて艶っぽく、キレよく歌いこなしてみせた。

 4曲が終わり、ステージ上では何かを設置しながらのMCコーナーがスタート。「昼より夜の方がみなさん元気! 最初はチケットが売れなかったらイスを出そうって話してたのに売り切れということで、ありがとうございます! 2時間立ちっぱなしで大丈夫ですか? 普段運動しないでしょ?」と感謝を述べながら得意の“毒舌”も冴え渡る。設置した女性エリアに嬉しそうに手を振るなど、先ほどまでのシリアスな一面とは正反対のギャップを見せてくれた。駒形が「アコースティックアレンジをやろうと思います! 学生のころはフォークソング部に入ってたんですよ」と前置きすると、崎谷勇人(Per)と髙藤大樹(Key)がステージに登場。デビュー曲である「トマレのススメ」、同作カップリングの「はじめからきっと」をそれぞれアコースティックバージョンで披露した。

 バラード曲の時にも思ったが、駒形の声は音の隙間があればあるほど効果的に響く。その魅力を最大限に届けるアコースティックセットは、駒形の歌にピッタリの表現方法だと感じた。本人もMCで「生演奏、楽しい!」と言っていたが、個人的にも彼女の楽曲は生演奏でよりポテンシャルが発揮されると思うので、その機会を楽しみに待ちたい。

 「明るく楽しい曲もございますので」という言葉とともに始まった後半パートは、フュージョン歌謡の「It’s HEAVEN」、軽快なシャッフルビートとベルの音が冬にぴったりの「Talk 2 Night」、『〔CORE〕』のリード曲「クロックワイズ」と展開。色っぽい「It’s HEAVEN」も愛らしい「Talk 2 Night」も良かったのだが、やはり圧巻だったのは「クロックワイズ」。Aメロ頭、切なげに歌う〈雨の観覧車に乗り〉で観客をグッと引き込み、「フルートを入れた曲を作りたい」というプロデューサーの意見も取り入れたサウンドが緩やかにスウィングするサビへと向かう。まさに駒形の持つ声の強みを引き出す“隙間のある”楽曲だ。本人も楽しそうに歌いながら、サビ終わりの〈祈ってあげるわ〉ではイタズラっぽく笑ってみせた。

 「10曲しか持ち歌がないので……」と次の曲である「時の葉」が本編最後になることを告げ、初めて作詞した同曲について「私は自分の思っていることをなかなか伝えなかったり文字にして書かなかったりするんですが、作詞という素晴らしい機会をいただいたので、思っていたこと、忘れたくないことを一生懸命書かせていただきました」と語り、同曲を歌唱。この日のライブを通してずっと気になっていたのだが、駒形は左手の使い方が非常に細かい。これは正確に音程を取っているということ。『THEカラオケ☆バトル』(テレビ東京系)にも出演するなど、歌唱テクニックに定評のある彼女のレベルの高さを改めて思い知らされる所作の一つだ。それは自身の思いを込めたバラード「時の葉」で一層表現されていたように見えたし、この曲では歌詞を書いた時の情景を思い浮かべてか、時折目を瞑りながら歌っていたことも印象的だった。

 アンコールになると、この日の流れからはおよそ正反対なラウドロック楽曲が流れ始め、ゲーム『WAR OF BRAINS』より、駒形が歌唱で、SHO(MY FIRST STORY)とウエノルカ(眩暈SIREN)とコラボした「identity my ultimatum」を披露。ここまで音数の多いロックナンバーでも、彼女の声はしっかりと響くことを改めて証明してみせると、続いては駒形友梨の名を世に知らしめた一曲でもある「SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード」をキュートに、同じく『キラキラ☆プリキュアアラモード』から凛とした格好良さが目立つ「Lu La La☆Lumiere」を歌い上げた。持ち曲が10曲しかない今の彼女だからこそ歌える“これまでの集大成”を提示するというのも、1stライブならではの演出だ。

 その後のMCでは、夏に次回リリースがあることを発表。続けて、この日の舞台に立てたことについて「自分のことが好きになれない時間も多かったけど、歌ってる時だけは幸せで自分のことが好きでいられました。そんな大事なものをみなさんに良いって言っていただけて、こんなステージで歌うことができて、生まれてきて良かったと思います」と語り、最後に「トマレのススメ」をパフォーマンス。駒形は疾走感のある楽曲にあわせ、隅々までステージを駆け回りながら、残りのエネルギーをすべて発散するがごとく全力で歌ってみせ、1stライブを終了した。

 リリースも決まり、夏以降もまだまだ止まらず進み続ける駒形のアーティスト活動。これだけの実力を持つのだから、次回はもっと大きな会場で多くの人に歌声を届ける様子を見てみたい。そう感じさせるに十分な1stライブだった。(取材・文=中村拓海)

■セットリスト
『Komagata Yuri 1st Live ~starting in the 〔CORE〕~<Night>』
1.starting in the haze
2.メイズ
3.Lonely Blueが終わる頃には
4.ソノヒ
5.トマレのススメ(アコースティックセット)
6.はじめからきっと(アコースティックセット)
7.It’s HEAVEN
8.Talk 2 Night
9.クロックワイズ
10.時の葉
en1.identity my ultimatum
en2.SHINE! キラキラ☆プリキュアアラモード
en3.Lu La La☆Lumiere
en4.トマレのススメ

アプリで読む