Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「愛がなんだ」完成披露上映会の様子。左から成田凌、岸井ゆきの、深川麻衣、若葉竜也。

岸井ゆきのと成田凌は互いのことを知らない?「愛がなんだ」完成披露で改めて挨拶

ナタリー

19/3/12(火) 20:22

「愛がなんだ」の完成披露上映会が本日3月12日に東京・テアトル新宿にて開催され、キャストの岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、監督の今泉力哉が登壇した。

角田光代の同名小説を映画化した本作は、一目惚れしたマモルに一方通行の愛を捧げるテルコと、2人を取り巻く人々の姿を描くラブストーリー。テルコを岸井、マモルを成田が演じた。

岸井は「この映画をやっているときは、テルちゃんがマモちゃんを思うように『愛がなんだ』に夢中でした。今思うとストイックだったなって」と回想。「でも2人(テルコとマモル)はどこか通じ合っていないところがあると思うので、成田くんと仲良くなり過ぎないようにしていました」と岸井が述べると、成田は「僕はそういったことに気付かず……。ガンガンしゃべりかけていました」と苦笑する。さらに、成田が「テルちゃんと重ねている部分もあるので、まだ岸井さん自身のことをよく知らない」と話すと、岸井も「私も成田くんのことよく知らない」と返答。2人は向き合いながら「知っていきましょうか」「よろしくお願いします(笑)」とお辞儀した。

役作りについて、岸井は「最初は、好きな人になりふり構わず向かっていく姿が自分とは違うなって思ったんです。でもテルちゃんの中から見ると、マモちゃんを好きっていう柱がしっかりしているので、そのことだけを大事にやっていました」とコメント。テルコの友達・葉子役の深川は「(若葉扮する)ナカハラくんのことを振り回したり、ひょうひょうとしている部分もあるんですが、不器用さや弱い部分も伝わるように演じました」と語る。葉子を追いかけるナカハラを演じた若葉は、深川との共演時間が短かったことを明かし「深川さんのことをめちゃめちゃインターネットで調べました。これで行けるだろうと(笑)」と裏話を披露した。

駄目男だがどこか憎めないマモルについて、成田は「今までで一番丁寧に演じたかもしれないです。演技を何パターンも用意しました」と述懐。「テルちゃんを車道側に歩かせたり、食事のときに口を開けたり、腹の立つ笑い方をしたり。モテない要素を足していって」と続ける。今泉は「自分が作ってきた恋愛映画は温度の低いものが多かったんですが、今回は熱量の高い人がたくさん出てくるので、そこがすごくチャレンジングでした」とコメント。さらに、原作者の角田が本作を気に入り、自身の小説を改めて買いに走ったというエピソードを本人から聞いたことを明かした。

フォトセッションでは、劇中のシーンを再現して、成田と若葉が岸井と深川の肩にあごを乗せて撮影に応じる場面も。最後に岸井は「人それぞれの感想が生まれる映画だと思うので、観終わったあと皆さんで共有し合ってくれるとうれしいです」と語りかけ、イベントを終えた。

「愛がなんだ」は4月19日より東京・テアトル新宿ほか全国でロードショー。

(c)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

アプリで読む