Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

欅坂46

渡辺梨加、今年やり残したことは「芋掘り」永谷園×欅坂46発表会で明かす

ナタリー

18/11/1(木) 15:52

欅坂46と永谷園のコラボ企画「お茶づけで会いましょう!キャンペーン」の発表会が本日11月1日に東京・富士ソフト アキバプラザにて行われ、菅井友香、長濱ねる、渡辺梨加、渡邉理佐が登壇した。

「お茶づけで会いましょう!キャンペーン」は永谷園のお茶づけ商品を明るく楽しく食べてもらうための試みとして実施される。欅坂46のライブフォトカードが封入された商品の販売のほかテレビCMやWeb動画の公開などさまざまな企画が予定されており、明日11月2日からはフォトカード裏面にプリントされている二次元バーコードからテレビCMのメイキング動画にアクセスすることができる。

欅坂46のライブフォトがカードに使用されるのは今回が初めてで、菅井は「私たちも発売をすごく楽しみにしていました!」と笑顔を見せた。4人はそれぞれのフォトカードを手にライブを振り返り、菅井は自身のカットについて「汗で前髪がヘンになっていて星型になっているのでそこを見てほしいです(笑)」とコメント。長濱は「自分でもライブ中にどんな顔をしているかわからないので、すごく新鮮でした」と続く。すると菅井は、プライベートでお茶づけを5個買った際に自分のカードと長濱のカードを当てたことを明かし「ねるはいつも笑顔のイメージですけど、パフォーマンス中のきりっとした表情がカッコいいなと思って。当てたカードを大切にしてます」と伝える。この言葉に長濱は「うれしいー」と反応していた。

トークセッションでは、4人がそれぞれに考えた「お茶づけに合うトッピング」を発表する場面も。菅井は「煮穴子」、長濱は「カラスミ」と回答したのち、渡辺は「納豆」と答えて「納豆が大好きで毎日食べているので、おいしいお茶づけと納豆で合うと思います」とその理由を語った。また、はらこが大好きという渡邉は「永谷園さんのお茶づけでも合うんじゃないかと思って」と「はらこ」のトッピングを提案する。彼女はカラスミも気になったようで「ねるのカラスミは私も食べたことがないので気になりました」と、ほかの3人が書いたボードをのぞき込んでいた。

発表会終了後の質疑応答では、メンバーの食事事情についての質問が飛ぶ。司会者から「普段は料理をしている?」と問われた長濱は「最近は家で1人用の鍋を作って食べていますね。豆乳鍋とかキムチ鍋とかを作っています」と回答。菅井は最近、鈴本美愉と佐藤詩織の3人で料理を作ったといい「チーズを入れたアメリカンドッグみたいなものを作りました。すごいおいしくできましたよ! 最初は焦げて失敗しちゃったんですけど(笑)」と明かす。また、質問の最後には年末が近付いてきたことから「今年やり残したことは?」という問いかけが。これに渡辺は「芋堀りを今年していないので……サツマイモが大好きで、芋堀りをしたいです」と答える。予想外の質問に司会者が「よく芋掘りはするんですか?」と問いかけると、彼女は「小学生以来していないです」とマイペースぶりを発揮。芋掘りできる場所のあても今のところないというが「地元が、サツマイモが有名な場所なので、できたらいいな……」と希望を見出していた。

アプリで読む