Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

授賞式の様子

第41回PFFグランプリは中尾広道監督の『おばけ』! 一生自主映画宣言!?

ぴあ

19/9/20(金) 18:43

国立映画アーカイブ(旧東京国立近代美術館フィルムセンター)にて開催中の第41回「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のコンペティション部門「PFFアワード2019」の表彰式が本日9月20日に行われ、中尾広道監督の『おばけ』がグランプリに輝いた。

本映画祭は、次世代の才能の発見と育成と、新しい映画の環境作りをテーマに1977年にスタートした自主映画のコンペティションをメインとしたもの。今年は495本の応募のなかから、18作品が入選。表彰式に出席した、白石和彌監督、西川朝子プロデューサー、写真家の野村佐紀子、山下敦弘監督、俳優で映画監督の斎藤工(ビデオ出演)が最終審査員を務め、グランプリが決定した。

ひとりで自主映画を作り続ける監督と、彼を見守る遥か宇宙の星たちとの関係を描いた本作。中尾監督は「いまの自分にできることは全部やりました。もし賞をもらえなかったら服を脱いであばれたろうかなと思っていました」と客席を笑わせつつも「この映画祭に出会えて、自主映画の魅力を知りましたし、背中を押してもらえました。いままでやってきたことを肯定してもらえたことに感謝します」と熱いメッセージ。

さらに中尾監督は「やりたくないことは絶対やらない。やりたいことだけをやります」と語ると「自分の純粋な部分を保っていきながら、身銭を切って自主映画をやっていきたいと思います」と宣言した。

『おばけ』について白石監督は「満場一致でした。オンリーワンさがほかの映画と違い過ぎるので、大丈夫なのかという意見が出たぐらい」と、その独創性を受賞理由にあげると「中尾監督が作家というならば、僕はまだそこに行けていない」と絶賛した。

仕事の関係で表彰式に参加できなかった斎藤はビデオメッセージで「監督とのコミュニケーションのなかで作品の見え方が深まり変化していくのも映画の醍醐味でした」と語ると「これがゴールなのか、次を見据えているのか、濁っていても欲望みたいなものが見える方に賞をあげたいと思う気持ちが強かったです」と総括。山下監督も「今日、入賞した監督たちを見ていて、自分も昔はこっち側にいた時代もあったんだなと思ました。久々にこれだけの自主映画を見せてもらい、映画をもう一度自分のなかで考え直すきっかけになり、刺激を受けました」と笑顔で語っていた。

●グランプリ
『おばけ』中尾広道監督

●準グランプリ
『雨のやむとき』山口優衣監督

●審査員特別賞
『ビューティフル、グッバイ』今村瑛一監督
『きえてたまるか』清水啓吾監督
『くじらの湯』キヤマミズキ監督

●映画ファン賞(ぴあニスト賞)
『東京少女』橋本根大監督

●エンタテインメント賞(ホリプロ賞)
『スーパーミキンコリニスタ』草場尚也監督

●ジェムストーン賞(日活賞)
『スーパーミキンコリニスタ』草場尚也監督

●観客賞
『OLD DAYS』末松暢茂監督

●ひかりTV賞
『アボカドの固さ』城真也監督

-------------------------
入選作18作品
●『アボカドの固さ』(96分/監督:城真也/25歳/東京都出身/会社員)
●『雨のやむとき』(28分/監督:山口優衣/22歳/千葉県出身/日本大学 藝術学部)
●『おばけ』(64分/監督:中尾広道/39歳/大阪府出身/派遣社員)
●『OLD DAYS』(54分/監督:末松暢茂/36歳/東京都出身/俳優)
●『温泉旅行記(霧島・黒川・嬉野)』/24分/監督:佐藤奏太/27歳/新潟県出身/会社員)
●『きえてたまるか』(29分 監督:清水啓吾/23歳/島根県出身/大阪大学 基礎工学部)
●『くじらの湯』(7分/監督:キヤマミズキ/26歳/大阪府出身/東京藝術大学大学院 映像研究科アニメーション専攻)
●『散歩する植物』(30分/監督:金子由里奈/23歳/東京都出身/立命館大学 映像学部)
●『自転車は秋の底』(34分/監督:逵真平/27歳/東京都出身/フリーランス)
●『スーパーミキンコリニスタ』(101分/監督:草場尚也/27歳/長崎県出身/会社員)
●『そんなこと考えるの馬鹿』(45分/監督:田村将章/23歳/滋賀県出身/立命館大学 映像学部)
●『東京少女』(8分/監督:橋本根大/24歳/群馬県出身/東京ビジュアルアーツ)
●『何度でも忘れよう』(10分/監督:しばたたかひろ/26歳/愛知県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科アニメーション専攻)
●『泥濘む』(ぬかるむ)(25分/監督:加藤紗希/29歳/愛知県出身/振付師・俳優)
●『ビューティフル、グッバイ』(113分/監督:今村瑛一/31歳/愛知県出身/自営業)
●『フォルナーリャの聖泉』(26分/監督:桑山 篤/32歳/福岡県出身/自営業)
●『めぐみ』(34分/監督:道岡円香/21歳/広島県出身/早稲田大学 人間科学部)
●『ワンダラー』(31分/監督:小林瑛美/26歳/東京都出身/映画美学校 フィクションコース)
*年齢は作品応募時

アプリで読む