Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『響-HIBIKI-』

欅坂46・平手友梨奈が映画初主演。『響 -HIBIKI-』が本日公開

ぴあ

18/9/14(金) 0:00

2017年マンガ大賞を受賞した人気コミックを実写映画化した『響 -HIBIKI-』が本日から公開になる。あらゆる常識をぶち壊していく天才の主人公・鮎喰響を、欅坂46の平手友梨奈が演じる。

不況に苦しむ文学界に、ひとりの天才少女・響が現れた。15歳の彼女が描く小説は、圧倒的な才能を感じさせ、その力は文学界に革命をもたらすほどのものだった。文芸誌編集者の花井ふみとの出会いを機に、響は脚光を浴びるが、響は自分の信じる生き方を絶対に曲げず、建前をかざして生きる人々を許すことができない。響の言動は、過去の栄光にすがる作家やスクープ欲にまみれた記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人々に影響を与えていく。

響の才能を見出す女性編集者・花井ふみ役には北川景子、文芸部の部長・祖父江凛夏役にはアヤカ・ウィルソン、さらに小栗旬、高嶋政伸、柳楽優弥、吉田栄作らが出演する。

平手は本作が映画初出演で初主演だが、原作『響~小説家になる方法~』を手がける柳本光晴は「もし響が実写化するなら、主演は平手さんしかいないなと思いました。響の持つ、媚びない、屈しない、信念の人間、そういったイメージとあまりにもピッタリで。なにより、目が」とコメント。熱狂的なファンの多いコミックスの実写化だけに、ファンが平手が演じる響をどう評価するのかも気になるところだ。

『響-HIBIKI-』
9月14日(金)より全国公開

(C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

アプリで読む