Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

シネフィルWOWOW×ぴあ
バック・トゥ・ザ 80’s-90’s ムービーズ!

PR

世界中の名作映画を中心に、WOWOWオリジナルドラマや英国ドラマ等の優れたドラマ、傑作アニメを本編中CMなし、高画質で放送する専門チャンネル「シネフィルWOWOW」。毎月、テーマと作品選びにこだわっている「シネフィルWOWOW」が12月~1月にかけて、特に力を入れてお送りするのは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など映画史に残る傑作や、今まさにブーム到来!な80年代を代表する日本の大人気アニメ『うる星やつら』など、80年代~90年代の“面白い!”映画の数々。今観ても懐かしいだけじゃない、新たな発見たっぷりの80’s-90’s ムービーの魅力をお届けします!

第3回
LiLiCo×よしひろまさみち対談 “わたしと映画とあの時代”(後編)

プライベートでも大の仲良しのおふたり!

ぴあ(アプリ)ではエッセイもご担当していただいているご存じLiLiCoさんと、同じくぴあ(アプリ)では水先案内人としても寄稿していただいている映画ライターのよしひろまさみちさん。前回に続き、同世代でプライベートでも仲良しのおふたりによる80’s-90’sの映画トーク後編をお届けします。映画が自身のキャリアを全部結びつけてくれたと語るLiLiCoさん。映画にもなりそうなドラマチックなエピソードとは…⁉

よしひろ そうそう、『フラッシュダンス』の話に戻りますけど、あれがなかったら日本には来てない?

LiLiCo そうだねー。だってカッコよかったもの。私が通っていた高校の同級生はみんな医者を目指していてね。「日本で有名になる」なんて夢を見る私とは全然志が違ってたんだよね。話も合わないし、さっさと学生生活を終わらせて日本に行こう、と。そのきっかけになったのがあの作品。

よしひろ  アイリーン・キャラに感謝しないとですね(笑)。

LiLiCo レオタードに襟元を切ったスウェット! あの服を買ってあのとおりにリメイクするために、弟の子守りのバイトをして稼いでた(笑)。スウェーデンにはティーン向けのディスコ“クナッテ・ディスコ”があって、だいたいティーンはそこで遊んでいたんだけど、同級生は普段着で男子といちゃこらするのが目的で、私はファッションショーが目的。アイリーン・キャラみたいな衣装とか、ネオンカラーのワンピースに太いベルトのディスコスタイル。どう考えても同級生とは合わないでしょ?(笑) 当時の私にとっては、恋とかどうでもよくて、映画とファッションが全てだったんだもん。

『フラッシュダンス』の主人公アレックス(ジェニファー・ビールス)はアイコニックなファッションとカーリーヘアーが特徴!
Copyright (C) 1983 Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. (C) 2019 Paramount Pictures.

よしひろ 思春期だから周りの友達はみんな恋バナだったでしょ。

LiLiCo 本当にそれはどうでもよかったんだよね(笑)。それよりもカッコいい大人になりたい、っていう気持ちの方が強くて。10代の頃から、お金持ちになりたいじゃなくて、就きたい仕事に就いている大人になりたかった。ただ、当時は映画コメンテーターなんて仕事があることを知らなかったから、歌手になって映画の主題歌を歌って、っていう夢を抱いていたんだよね。

よしひろ まさか映画の仕事も歌手の仕事も叶うとは~。

LiLiCo ありがたいことに! 目指していたことだけど、お仕事のバランスが完璧に近づいてきたように思います。おまけに映画にも出演させてもらえているし。

よしひろ 歳を重ねるごとに、なりたかった自分にどんどんと近づいている感がありますね。

LiLiCo でも、評論のお仕事はまだまだだと思ってるの。それこそ60歳くらいまで経験を積まないと、納得いくことは言えないと思う。特に情報番組とかだと、映画以外のことを総合的に見る視野が必要でしょ。そうなると、私、日本の政治経済の話には疎いし、社会現象も今のことなら分かるけど、昔のことと関連づけては話せないもの。日々学ぶことがまだまだ残ってると痛感しています。だからこそ50歳、60歳になるのが今から楽しみなんだよね。常に新しいことを吸収しているから、そこで得た情報からまた新しいことにチャレンジしてみたくなるし、実行しちゃうし(笑)。

よしひろ スウェーデンでぼんやりと夢を見ていた少女が、日本で苦労の末に花開いて、ってそれも映画的な展開ですよ(笑)。

LiLiCo そのうち映画化するわ!(笑) そう言われてみればだけど、日本でのキャリア初期、私がまだホームレスしていた頃の仕事も映画にからんでいたことがあったって知ってた?

よしひろ え、95年の『82(ワニ)分署』じゃないですよね?

LiLiCo それを知ってる人は相当なマニアよ(笑)。それよりも前、私がホームレスの時代の92年に、『氷の微笑』のVHS発売記念キャンペーンがあってね。“和製シャロン・ストーンを探せ”っていうのだったんだけど、それ、実は私が優勝しました(笑)。

よしひろ え!? 優勝!?

LiLiCo そうなのよ。やっぱり衣装も自分で作って(笑)。当時イケイケだった赤坂のロンドクラブが会場だったんだけど、そこに行く交通費もままならない時代で。でも、優勝できたおかげで、その後の『ショーガール』でも同じようなキャンペーンがあって、それにもエントリーすることになったの。でも、そのときは2位で終わりました(笑)。

赤坂にあったディスコRONDE CLUB(ロンドクラブ)
写真:読売新聞/アフロ

よしひろ それは知らなかった。でも絶対に見てますね、あたし(笑)。

LiLiCo たぶんそれで初めてスポーツ紙に私が載ったんじゃないかな。ちょっとでも映画に関われて、それが媒体に載ったのが幸せだったんだよねー。

よしひろ 最初から映画に関わる運命だったんですねー。

LiLiCo 父が『王様のブランチ』の番組観覧に来たときに「Cia Bergとやってることが一緒だね」って言われたの。彼女は、私がスウェーデンにいた頃、すごく有名なTVのMCをやっていたんだけど、真っ赤なリップにすごく変わった衣装でとにかく目立ってたのよ。そのイメージを活かして、TVではすごく重宝されていたタレントさん。それまですっかり忘れてたんだけど、言われてみたら確かに!って思ってね。

よしひろ 意図せずして彼女のフォロワーになったんだ。

LiLiCo 自然とすり込まれてたのかもしれないよね(笑)。彼女のスタイルをマネしているわけじゃないのに、自然と寄ってた。まったく意識していなかったから、父に言われてビックリしたもの。

よしひろ TVのお仕事も、映画のお仕事と同じく、ちょっと運命感じますよね。

LiLiCo でもね、結局は映画なの。なんでかっていうと、映画が私のキャリアの全部を結びつけてくれたことだったから。『王様のブランチ』に出演するようになったきっかけ、覚えてる?

よしひろ たしかTV版の『サウスパーク』の吹き替えがきっかけだったんですよね?

LiLiCo そうそう。私がTV版の『サウスパーク』の吹き替えをやったときに、雑誌のインタビューを受けて、好きな映画のこととかを載せてもらってたのね。それを読んだスタッフから声をかけてもらったのがきっかけ。それで映画コメンテーターという仕事が始まったけど、映画をたくさん観ることができるようになったから、私自身はハッピーだし、それが仕事に直結してるから「私のキャリアはいつも映画にリフトアップしてもらっていたな」と実感する毎日なのよ。

『王様のブランチ』出演のきっかけとなった『サウスパーク』。LiLiCoさんはカートマン(写真一番左)の声を担当
(C)2017 Comedy Partners, All Rights Reserved.

よしひろ たまたまにしてもすごい話。でも、日本に来たばかりの頃は、なかなか映画館に行けなかったでしょ。

LiLiCo とてつもなく貧しかったからね。日本で初めて観たのは『ラビリンス 魔王の迷宮』だったかな。でもそれは80年に日本に遊びに来たときだったから、移住前。だから、スウェーデンにいた頃に観た映画が余計に鮮明に記憶しているんだと思うんだよね。母と一緒に観た唯一の映画は『クレイマー、クレイマー』なんだけど、それもスウェーデン時代だし、『セント・エルモス・ファイアー』にドハマりしたときのこと思い出したりとか。そうそう、『アマデウス』もすっごいハマってた!

LiLiCoさんがお母さんと初めて観たという『クレイマー、クレイマー』、日本では水曜ロードショーなどでも放送され、80年の“ぴあテン”では圧勝の1位!

よしひろ そのへんの映画は日本でも大ヒットしたし、何度もTV放映されましたね。ついでにファルコの『ロック・ミー・アマデウス』も大流行(笑)。

LiLiCo 懐かしい! あれはスウェーデンでも流行ったよ。今のように情報であふれかえっている世の中じゃなかったから、メディアの力がすごく強かった分、一度流行するととんでもないヒットにつながる時代だったよね。

よしひろ でも、続編やリメイクの映画がヒットする今と違って、ヒット作はオリジナルの作品ばかりでしたよね。

LiLiCo 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』みたいにシリーズもののヒット作もあったけど、当時のヒットシリーズって、今でも熱狂的なファンがいるじゃない。あの当時の映画の良さって、物語がシンプルで廃れないことだと思うんだよね。今観ても新しいし面白いし、おまけにファッションも巡り巡って今のトレンドに近いし。

よしひろ カルチャーって常に20~30年周期で流行が戻ってきますからね。そう考えると、ちょうど今、80~90年代の映画は見ごろを迎えたって言えますね。

必見の80’s-90’s ムービーを、放送する映画の中からシネフィルWOWOWがレコメンド!

クリスマス・イヴは80年代を代表する名作ロマンス2作をお届け!

『私をスキーに連れてって』(C)1987 フジテレビ・小学館
『恋人たちの予感』(C) 1989 CASTLE ROCK ENTERTAINMENT. All

もうすぐクリスマス!ということで、12月24日の夜は日米を代表する名作ロマンスをお届け!「クリスマス・ラブストーリー」特集では、80年代角川映画でシンボル的存在だった“角川三人娘”のひとり原田知世主演、80年代の流行を語る上で欠かせないホイチョイ・プロダクション原作の『私をスキーに連れてって』('87年)を放送! いまやクリスマスの定番曲としてお馴染み、松任谷由実の「恋人はサンタクロース」は、本作の挿入歌として当時大ヒットしましたね! ユーミンは「ぴあ」89年1.20号で表紙に登場、80年代全体の"ぴあテン"2位と当時から人気の高さが伺えます。
 
洋画は、80年代を代表する青春映画『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー監督が手掛けた名作ロマンス『恋人たちの予感』('89年)を放送します。ちなみに、本作で主人公の男女が食事をするカッツ・デリカテッセンは、NYで人気の老舗レストランで、メグ・ライアン演じるサリーが注文するパストラミサンドは現在も人気の一品!

■「クリスマス・ラブストーリー」特集

12月24日(火)21:00~ 『私をスキーに連れてって』
12月24日(火)22:45~ 『恋人たちの予感』

そのほかの放送日

『私をスキーに連れてって』12月31日(火)、 1月13日(月)、1月31日(金)
『恋人たちの予感』 1月13日(月)、1月22日(水)

詳しくはこちら

関連情報

『フラッシュダンス』

Blu-ray: 1,886 円+税/DVD: 1,429 円+税
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
※ 2019 年 12 月の情報です。
Copyright (C) 1983 Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. (C) 2019 Paramount Pictures.

『Southpark The Cult Of Cartman ~カートマンの黒い教典~』

発売日:2017年12月20日
価格:4,500(本体)+税
発売元:ポニーキャニオン
(C)2017 Comedy Partners, All Rights Reserved.

アプリで読む