Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

松永大司が活弁シネマ倶楽部に登場、“喪失”テーマに「ハナレイ・ベイ」を語る

ナタリー

19/2/27(水) 21:00

Web番組「活弁シネマ倶楽部」の第16回がYouTubeにて配信中。松永大司が、村上春樹の短編小説を映画化した自身の監督作「ハナレイ・ベイ」について語っている。

一人息子タカシが命を落とした場所であるハワイのカウアイ島ハナレイ・ベイを訪れたシングルマザー、サチの10年間を描いた本作。吉田羊がサチを演じたほか、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)がタカシ、村上虹郎が日本人サーファー・高橋に扮している。

番組内では本作で描いた「喪失」というテーマに絡め、東日本大震災が創作に与えた影響について松永が語った。「大切な人が亡くなったときに僕たちはどう向き合って前に進めるかということが、3.11を経験した自分の描いてみたいテーマ」と明かす松永。さらに「あの出来事を経験して目で見たことによって、自分が描きたいものが何かあるんじゃないかなということを与えられた」と述べている。そのほかキャスト陣とのエピソードも明かされた。

「ハナレイ・ベイ」のBlu-ray / DVDは本日2月27日に発売。特典映像にはメイキングや舞台挨拶の模様、キャストインタビューなどが収録された。

アプリで読む