Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

観月ありさ、『インハンド』第3話に出演 「シーン全てが新鮮でとても楽しかった」

リアルサウンド

19/4/19(金) 12:00

 観月ありさが、4月26日放送の『インハンド』(TBS系)第3話に出演することが明らかになった。

 原作は、『イブニング』(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名漫画。山下智久演じる主人公・紐倉哲は、寄生虫を専門とする天才科学者で、無愛想でドSな変わり者。買い取った植物園の巨大温室を研究所兼自宅とし、さまざまな動物たちと暮らしている。紐倉は右手に黒いロボットハンドのような義手を装着しており、濱田岳演じるお人好しの熱血助手・高家春馬の凸凹バディ、菜々緒演じるクールでやり手な美人官僚・牧野巴と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑んでいく。そのほか、オリエンタルラジオの藤森慎吾や光石研が出演している。

【参考】『インハンド』山下智久、紐倉哲役は“意外と重なる”?

 観月は、紐倉の大学時代の先生でもあり、科学的なアンチエイジング治療を行う会社のCEO・瀬見まき子を演じる。瀬見がCEOを務めるパナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」を謳い文句にしたアンチエイジング治療を試験的に行っていた。だが、治療を受けた会員の数名に認知症に似た症状が現れていることが発覚し、紐倉、高家、牧野は、パナシアンビューティーの内情を調べ始める。

■観月ありさ コメント
・瀬見まき子を演じる上で意識したこと
美容業界で成功している女社長役ということで、ピシッとしつつも華やかな雰囲気を出せるよう意識して演じました。瀬見の根底にある切なさが、華やかであればあるほど際立つような気がしたので、髪も巻き巻きにしたりと見た目にもこだわっています。“美への執着”は同じ女性として共感できる部分はありますが、瀬見のような女性は今まで演じたことがない役柄だったので、新鮮な経験をさせていただけてとても楽しかったです。

・山下智久と初共演した感想
山下さんは、お芝居をしている時のひとつひとつの所作がとても美しい方。これまでの出演作を見た時も感じていましたが、初めて一緒にお芝居をさせていただいて、所作の美しさを身近で感じました。今回は山下さんだけではなく、濱田さんや菜々緒さんとも初共演なので、皆さんとのシーン全てが新鮮でとても楽しかったです。

・視聴者へメッセージ
第3話は紐倉の過去にも少し触れられていたり、いろいろな要素が詰まっています。紐倉と瀬見の過去の関係性に加え、それぞれの“今”も色濃く描かれているので、楽しんで見ていただけると思います。またアンチエイジングがテーマなので、特に女性の方には興味深い内容になっていると思います。ぜひ楽しみにご覧ください!

■プロデューサー・浅野敦也 コメント
瀬見まき子は、科学者としての知性に溢れ、10年前よりもさらに若く美しい“永遠の美”を自ら体現し、更に不気味な怪しさも併せ持っています。また、山下智久さん演じる主人公・紐倉と10年前に交流があったという、ドラマ全体を通しても重要なキャラクターなので、スペシャルな女優さんに演じていただかねばならない難役でした。ということで、スターとしての華やかさと美しさ、そして圧倒的な存在感を放つ観月ありささんに出演をお願いしました。瀬見まき子は、原作「インハンド」の中でも人気の高いエピソードのキャラクターですが、原作ファンの方にもご納得いただけると思います!

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む