Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ONE N’ ONLY、熱いパフォーマンスで見せた成長 ニューフェイス BUDDiiSも登場した2ndオンラインライブレポ

リアルサウンド

20/9/29(火) 18:00

 スターダストプロモーション所属のダンス&ボーカルユニット ONE N’ ONLY(ワンエンオンリー)が2020年9月23日、都内某所で2回目となるオンラインライブ『1N’ 2N’ ONE N’ ONLY!! 〜Special Live~』を開催した。どんな状況においても迷わず前進しつづけるユニットなだけに今回はどのような姿を見せてくれるのか。そんな期待を胸に抱いた多くのファンが見守る中、注目のステージは幕を開けた。

 ライブはモノトーンの映像でスタート。クールな表情のメンバー6人(TETTA、REI、EIKU、HAYATO、KENSHIN、NAOYA)がゆっくりと歩きながら集まっていく。ハードボイルドな映画のワンシーンを思わせるドラマチックな演出だ。その余韻を残しつつ始まったのはデビューシングル表題曲の「I’M SWAG」。彼らの代表曲のひとつであり、今年春にリリースした1stアルバム『ON’O』のトップも飾った、オープニングにふさわしいダンスチューンである。

 間髪を入れずにHAYATOの豪快なシャウトで始まったのは「Dark Knight」。ここから映像はフルカラーに切り替わり、オンラインであるにも関わらず急にリアル感が増してきた。続けて披露した「Breathe」はライブ初披露とは思えないほど、メンバーは息のあった美しいパフォーマンスを見せる。中でも香水を身体につける動きを取り入れた振り付けに感動したファンはたくさんいたことだろう。

 和気あいあいのトークをはさんでミディアムテンポの穏やかなラブソング「Don’t worry」で一旦クールダウンさせた後は、人気曲「LA DI DA」へ。中近東風のサウンドに合わせて激しく歌い踊るメンバーたちを1台のカメラが追い続ける映像はオンラインライブでしか味わえない。

 ここで突如、ニューフェイスのお披露目があった。登場したのはBUDDiiSという11人組。元PRIZMAXのFUMINORI(小川史記)、KEVIN(ケビン)、MORRIE(森英寿)を中心に結成したボーイズグループで、メンバーの中にはHAYATOの弟やMORRIEの弟もいるという。今回はONE N’ ONLYの「Everything’s Changing」のカバーでステージに立ったが、みずみずしい歌唱と大所帯ならではのダイナミックなダンスは今後の華々しい活躍を予想させる仕上がりだった。

 BUDDiiSのフレッシュなトークですっかり和やかなムードになったライブは、はやくも折り返しに。衣装をチェンジして現れたONE N’ ONLYは、幸福感あふれるダンスポップ「POP! POP!」と待ちに待った新曲「JUST LIKE ME」を立て続けに歌った。10月14日に配信でリリースするこのシングルは〈Like this, Like that〉のリフレインが印象に残るパワフルなEDMで、こんな時代だからこそリスナーに元気を届けたいという思いから作られたもの。分厚いコーラスやキレのいいラップなどを通して彼らの成長ぶりを誰もが感じ取ったはずだ。

 続く「Shut Up! BREAKER」では、歌詞を画面に映す手法で新たな魅力を引き出すことに成功。メッセージ性の高い曲だけにこの演出はかなり効果的だ。ファンにも好評だったようで、直後のトークタイムでNAOYAが紹介した「盛り上がりすぎて感情が追いつかない」というチャットのコメント通りの熱いパフォーマンスだったと思う。

 充実したオンラインライブもいよいよ終盤へ。笑顔のKENSHINが「まだまだ盛り上がっていきたいですよね! みなさん!」と呼びかけて始まったのは、ライブの定番曲「HOLIDAY」。ユニークなコール&レスポンスで楽しませるこのナンバーで、ファンとの一体感は画面越しでも確実に高まっていく。

 本編ラストの「My Love」ではやさしく語りかけるように歌い上げ、観てくれた人たちに感謝の気持ちを示すメンバーたち。そしてアンコールではセンチメンタルなバラード「Bla Bla Bla」と、オリコンウィークリーチャート&Billboard JAPAN Top Singles Salesで1位に輝いたアグレッシブなEDM「Category」を届けて、ステージは幕を下ろした。

 グループのカラーを損なうことなく、ダンスはさらにワイルドに、ボーカルはより表情豊かに。そんなクオリティの高いパフォーマンスを観ることができたのは日本のファンだけではない。おそらく国境を超えていろいろな人が鑑賞していただろう。こうしたオンラインのメリットを生かして、ONE N’ ONLYが近い将来にワールドワイドな人気を獲得してほしいと強く願っている。

■リリース情報
「JUST LIKE ME」
10月14日(水)配信リリース

ONE N’ ONLY オフィシャルサイト 

アプリで読む