Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

佐藤大樹、主演作『小説の神様』主題歌パフォーマンスに感激「最高の一言ですね」

ぴあ

20/10/3(土) 13:00

相沢沙呼の同名小説を映画化した『小説の神様 君としか描けない物語』の公開記念イベントが10月3日、東京・新宿バルト9で行われ、ダブル主演を務める佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と橋本環奈、久保茂昭監督(映画『HiGH&LOW』シリーズ)が出席。イベントの模様は、全国137の劇場に生中継された。

中学生で作家デビューしたものの、作品がSNSで酷評され自信を失った高校生小説家・千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪(橋本)。正反対の高校生2人が、ベストセラー小説を生み出すべく共作に挑む。

緊急事態宣言に伴う公開延期を経て、ついに映画が封切られ、佐藤は「いつ公開できるんだろうという気持ちもあったので、(公開が)決まってうれしかった。読書の秋とも言いますし、小説をモチーフにした内容なので、ぴったりな時期」とホッとした表情。橋本も「公開できることが純粋にうれしい。私たちも待ち遠しかったですが、やはり待ってくださったファンの皆さんがいたからこそ」と喜びもひとしおの様子だった。

苦難を乗り越え、夢に近づく青春ストーリーについて、佐藤は「人には誰しも、弱点やコンプレックスがありますが、いろんな出会いの中で(自分に)かけてもらった声で強みになることも。どんな職業にも置き換えられ、胸が熱くなる作品。こういう状況ですが、ぜひ映画館で楽しんでもらいた」とアピール。橋本は「キャラクターの繊細な心情が切り取られている。映画に出てくる『好きを諦めない』という言葉が大好き。誰かの背中を押せる作品になっていれば」と作品に込めた思いを熱弁していた。

自身の“青春”に話題が及ぶと、佐藤は「中学3年生のとき、さいたまスーパーアリーナでEXILEさんのライブを見て、サッカーを辞めてダンスをやろうと決意した」と回想。橋本はすでに芸能活動で多忙を極めていた高校時代を振り返り、「地元(福岡)の友だちがお弁当を作ってくれたり、勉強を教えてくれた。支えてもらった1秒1秒が、かけがいのない瞬間」と感謝を示した。

イベントには伶(E-girls鷲尾伶菜のソロプロジェクト)が駆けつけ、主題歌「Call Me Sick」を熱唱。パフォーマンスを終えると、「普段のライブとは違う雰囲気で、しかも、キャストの皆さんの前なので、震えるほど緊張した」と安どの表情を浮かべた。一方、歌唱に聞き入った佐藤は「最高の一言ですね」と感激しきり。橋本も「この距離感で聞けるなんて」と歌声に圧倒されていた。

『小説の神様 君としか描けない物語』
公開中

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む