Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宝塚版の早霧せいなが主演を続投! 『るろうに剣心』in 新橋演舞場

ぴあ

18/10/11(木) 0:00

この秋の注目作、浪漫活劇(アクション・ロマネスク)『るろうに剣心』が、10月11日(木)、東京・新橋演舞場で開幕する。

原作は、週刊少年ジャンプに連載された和月伸宏の人気漫画。2016年に宝塚歌劇団雪組によって初演され、漫画から抜け出て来たような再現率の高いビジュアルと、宝塚の舞台では珍しいスピード感のある激しい立ち回りで、女性中心の宝塚ファンだけでなく、原作ファンの男性をも惹きつけ、大ヒットを記録した。

今回は、その宝塚版で主役の緋村剣心を演じて絶賛された、元雪組トップスターの早霧せいなが、男女の枠を超えて、再び同役に挑むのも話題だ。

脚本・演出は、宝塚版と同様、小池修一郎が手がけ、ヒットの大きな要素となった音楽も、宝塚の太田健(音楽監督も)と青木朝子が引き続き担当している。

明治11年、東京。かつて、倒幕派の剣客として修羅のごとく殺人剣を振るい、“人斬り抜刀斎”と恐れられた男が、決して人を斬ることができない“逆刃刀(さかばとう)”を手に、流浪人(るろうに)の緋村剣心(早霧)として、あてのない旅を続けていた。

その剣心が、偽抜刀斎騒ぎに巻き込まれた神谷活心流師範代、神谷薫(上白石萌歌)を助けた縁で、薫が父の遺志を継いで守ろうとしている神谷道場に居候することになる。

“不殺(ころさず)の誓い”を立てた剣心は、薫や、相楽左之助(植原卓也)、明神弥彦らと穏やかな日々を過ごそうとしていたが、やがて、吸った者は廃人同様になる、中毒性の高い新型阿片を使った恐ろしい陰謀が企まれていることを知る。その裏で糸を引くのが、剣心も刃を交えたことのある元新撰組隊士で、今はフランス相手に貿易商を営んで莫大な富を得た加納惣三郎(松岡充)だった……。

主なキャストのうち、オリジナルの加納惣三郎以外は、原作漫画のキャラクターで、どの役も再現率は非常に高い。それは衣裳だけにとどまらず、例えば元新選組で、維新後は警部補になっている斎藤一(廣瀬友祐)の“牙突(がとつ)”のポーズや、左之助の斬馬刀(ざんばとう)、元御庭番衆の頭、四乃森蒼紫(三浦涼介)の二刀流など、それぞれ特徴的なポーズや決め言葉、口癖や武器まで、しっかり再現されているので見逃せない。

原作ファンでなくても、ストーリーの面白さや個性的なキャラクターの芝居を楽しむことができる良質のエンターテインメントだ。

文: 原田順子

アプリで読む