Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「一緒にもっと素敵な景色が見たい」lol-エルオーエル-が見せた5年間の成長とこれから

ぴあ

21/4/7(水) 12:00

『lol-エルオーエル-5th ANNIVERSARY LIVE 2020』 撮影:上飯坂一

続きを読む

3月28日(日)、男女混成5人組ダンス&ヴォーカルグループ「lol-エルオーエル-」による『lol-エルオーエル-5th ANNIVERSARY LIVE 2020』が昭和女子大学人見記念講堂にて行われた。

本来なら、昨年3月に行われる予定だった本公演。2度の延期を経ての開催ということもあって、開演前から早くも会場の熱気は静かに高まっていた。

そんな熱気をさらに高めるため、オープニングアクトには男女混成7人組ダンス&ヴォーカルグループGENICが登場。2月3日に配信された『FUTURES』を含む4曲を披露し、会場を盛り上げた。

定刻、15時。シンプルなステージ中央にセッティングされたスクリーンに映し出されたのは、lolのこれまでのMVの数々。映像が消え一瞬の暗闇のあと、強い白の光。上段ステージに堂々と立つ5つのシルエット。歓声を発することを禁じられた会場内のペンライトが興奮気味に揺れる。

興奮に応えるようにしてスタートしたライブの1曲目を飾ったのはメジャーデビュー曲『fire!』。スクリーンに映し出された揺らめく炎の中、白の衣装をまとったlolの姿が映える。

佐藤友祐の「みなさん、最高の思い出を作っていきましょう!」という言葉と共に、ステージ下段へと降りてきたメンバーは、続けて『ladi ladi』を披露。キレのあるダンスで観客を圧倒していく。さらに『spank!!』で会場のボルテージを一気に上げていく。honokaの力強いラップが空気を震わせ、声を上げることはできないが、メンバーの「Spank you up!」という歌声にペンライトが応える。『ice cream』、『bye bye』と5曲を一気に歌い上げると、メンバーはぐるりと会場を見渡して揃って「lolです!」とあいさつ。

「お久しぶりです!元気でしたか?今日はお越しくださり本当にありがとうございます!」とhonokaが言うと、「やっぱり生のライブは楽しい」とそれぞれが頷きあう。小見山直人が「楽しいし、すでに汗がハンパない」と笑顔をはじけさせた。

「1年越しのライブだから、うちらのこと忘れてるんじゃないかと思うので自己紹介を……」と会場を和ませつつ、1年ぶりにメンバーの生の声をファンに届けた。これまでとは異なり、歓声のない会場にメンバーは寂しがるが、小見山が「今日、声が出せないっていうことであるものを1年かけて考えてきました!」とオリジナルのコール&レスポンス方法を紹介。メンバーのコールに対して、声ではなくて体の動きで応えるというもの。「題してコール&シェイキングダンス直人!」(小見山)「大丈夫?」と不安がるhonokaだったが、小見山の動きをお手本にさっそくファンとやってみると「思ったよりめっちゃやってくれた!」と小見山は安堵の表情を見せた。

新しいlolを見てほしい

客席とコミュニケーションが取れたところで、次の曲へ。

「この5年間でlolの約70曲ができたんですけど、懐かしい曲を選びきれなくて。そこでスペシャルメドレーにしました!」とhonoka。

「スペシャルメドレーの準備はできていますか!?」と呼びかけるとさっそく小見山直伝の「シェイキングダンス」で応える会場。和やかな空気の中、『hello』でスペシャルメドレーがスタートした。クラップで一体感を高めつつ、『woooooh!!』、『party up!!』でテンションも上げていく。かと思えば、男性陣が背中合わせで『girlfriend』をアカペラでしっとりと歌い上げ、女性陣がキュートに『boyfriend』を引き継ぎ、『perfect summer』へ。ステージを見ているだけでなんとなく季節の移ろいさえも感じられるようだ。

さわやかな風を吹かせたあとは『playback』でハードな一面を見せつけ、『hanauta』では大人な一面を。かと思えば、『nanana』では歌うmocaをメンバーが囲み、思わずmocaがはにかむような笑顔を見せる場面もあった。『think of you』、『pop that!!』で締めくくったメドレー。懐かしい曲を、ということだったが、lolの多面性を感じられるものとなっていた。

VTRを挟み、ライブは後半戦へ。青を基調とした衣装にチェンジして昨年リリースされた11枚目のシングル『work it out』に収録されている『lights camera action』、今年の2月に配信された新曲『endless journey』を生初披露。

「今までのうちらを振り返ってもらう懐かしい曲をたくさん歌わせていただいたわけですけどもここからは衣装チェンジと共に、新しいlolを見てもらいたいな、と思います」というhonokaの言葉のとおり、ここからは今までよりもさらにパワーアップしたlolが。
hibiki、moca、honoka女性陣による『love game』ではhibikiが手がけた切ない歌詞を柔らかく歌い、小見山による『DANCE SHOWCASE』で魅せる。迫力あるダンスパフォーマンス、去り際の挑戦的な表情は会場の心を掴んだ。

僕たちの目標は…

佐藤は「今日のために作ってきました」というソロ曲『sink into the dark』でその歌声はもちろんのことスタンドマイクでの大人っぽいパフォーマンス、ダンスと1曲でいくつもの魅力をみせた。

さらに3月24日に配信されたデジタルシングル『blaze』、『lolli-lolli』、『trigger』でトップスピードのままライブ本編を駆け抜けた。

暗くなった会場にアンコールの手拍子が響き渡り始めると、スクリーンには小見山以外のライブ終わりのメンバーが楽屋でくつろぐ様子が映し出される。

小見山が「俺の筋肉からみんなの声が聞こえる」という様子にほかのメンバーも半信半疑だったが、実際にアンコールを切望する声が……!? そして5人はアンコールのステージへ。
ライブTシャツ姿の5人はタオルを手に登場、『HEARTBEAT』でまずはアンコールに応えた。「アンコールありがとうございます」というhonokaに続き、小見山が「コール&レスポンスがあったおかげで、みんなの想いと俺の筋肉が連動した」とまさかの伏線を明かし、笑いを誘った。また佐藤は「楽しすぎて(衣装の)股の部分が破れてしまった」など、思い思いの方法で今この瞬間のハッピーさを伝えていく。

アンコールでは、GENICとのコラボ企画も披露。佐藤、小見山とGENIC男子メンバーによる『girlfriend』、hibiki、moca 、honokaとGENICの女子メンバーによる『like that!!』と新鮮なパフォーマンスで会場のファンを魅了した。

「本番というのは本当にあっという間」という佐藤の言葉通り、ライブも残りわずか。honokaが「私たちから改めて感謝の気持ちを伝えさせてください」というとまず最初に口を開いたのは小見山。

「久しぶりにライブをしてめちゃくちゃ楽しかったし、こうして5周年迎えられたのも、今日このステージに立つことができているのもみんなのおかげ。ライブができることがどんなにありがたいかっていうことを今日改めて実感しました。感謝の気持ちでいっぱいです」と、会場に駆け付けたファン、そしてスタッフへの言葉を伝えた。そして、「みなさんともっともっと大きなステージでライブがしたいなと思っている。これは僕たちの目標です。僕たちはみなさんと一緒に武道館でライブがしたいです。みなさんと一緒に武道館に立って素敵な景色が見られたらどんなに幸せか。今日もすばらしいステージですし、みなさんとこうしてライブを盛り上がれるっていうのは幸せですけど、目標を大きくもってがんばっていきたいと思っています」と新たな目標を口にした。

コロナ禍での思いを語る

デビュー当時は14歳だったmocaはファンへはもちろんのこと、メンバーや両親への感謝も伝えた。「当時は右も左も分からず、とにかくみんなの足をひっぱらないようについていくことで必死だったな、というのをすごく覚えていて。中学生で親元を離れて、夢を追いかけるために上京をして背中を押してくれた両親に本当に感謝していますし、中学、高校、そして大学と両立できているのも一番近くにいるメンバーのおかげだと思っています。私の青春はまるまるlolとあってみなさんと共に過ごしてきた時間も本当にこの先もずっと誇りに思えるようなものなんだろうな、というのを感じています」

また、honokaはデビュー当時に感じていた不安を口にした。「lolに入るまではダンスしかやっていなかったのでlolに入ることが決まったのをきっかけにラップと歌を始めました。本当にデビュー当時は不安だらけで、私なんかが歌っていいのかな、とかこの声もコンプレックスで不安な日々を過ごしていたんですけど、たくさんライブを重ねていく中でステージから見るみんなの笑顔、SNSや握手会でくれるメッセージに救われたし、支えられてここまでやってこられたな、と思っています。今日、自信をもってこのステージに立てたのはみんなが支えてくれたおかけだと思いますので本当に心から感謝の気持ちを伝えたいです」と気持ちを伝えた。

また、この1年の間に感じていた感情を吐露したのは佐藤。「2回ライブが中止になっていたし始まるまでは本当にライブができるかどうか不安でした。お客さんが来てくれるのかな、って。去年1年間はずっと何をしたらいいか分からなかったし、何をするために俺はここにいるんだろうと本当にたくさん悩んだこともありました。本当に人前に立って大丈夫なのかな、パフォーマンスできるのかな、みんなの前で輝けるのかな、っていろんな不安があったんですけど、今日ライブしてみて、やっぱり音楽が好きだし、みんなといい景色を見ていきたいな、という想いがどんどん強くなっていきました。前だけを見て、ひとつひとつ目標をクリアして、武道館、まずみなさんと一緒に見たいなと思っています」と明るい表情を見せた。

hibikiもこれまでの不安を打ち明けつつも、「(どんなきっかけ、形であっても)応援してもらっている気持ちがすごくすごく嬉しくて、それが当たり前のことだと思っていない。今日までもステージに立ちたくない、ひとりぼっちに感じて寂しく感じたこともあって、そんなときに自分が自分でいられたのも、lolでいられたのもファンのみんながいてくれたおかげ。こうやっていまみんなが言ったみたいに武道館に行きたい、とか未来の夢を語れるのも応援してくれるみんながいてくれるおかげ。だから、みんなに恩返しができるように、みんながlolを応援してる!って自慢できるようにがんばっていきたいし、これからもずっとずっと一緒にいてくれたら嬉しいです」と一言一言思いを込めるようにして語りかけた。

そんなhibikiの曲紹介で始まったのは『ワスレナイ』。5年間の不安や迷い、時に感じた孤独を乗り越えて、これからの未来をファンに約束するような、そんな想いが込められているように感じた。

ライブを締めくくったのは『gimme gimme』。明るく『ずっと笑っていようよ』と歌うlolの姿に、自然と会場にもあたたかな空気が満ちていく。

ライブ終了後には春から6作品連続リリースをすることが発表された。5年という時間を経て悩みながらも大きな成長を遂げたことを今回のライブで見せてくれたlol。これからlolがどのような未来へと連れて行ってくれるのか、期待は高まるばかりだ。

終演直後のメンバーからのコメントもいただきました!
ぴあアプリをダウンロードすると、動画コメントが観られます。ライブの感想を楽しそうに語るメンバーの姿、見逃さないで!

撮影/上飯坂一、取材・文/ふくだりょうこ

Lolのサイン入りチェキを2名様にプレゼント!応募の方法はぴあ音楽アカウント(@OngakuPia)をチェック!

応募方法
ぴあ音楽編集部Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、ぴあ音楽編集部アカウントよりDMをお送りします。

ぴあ音楽編集部Twitter

対象ツイート:
https://twitter.com/ongakupia/status/1379630533081243648?s=21

※当選後、お届け先ご住所のご連絡ができる方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

【応募締め切り】
2021年4月21日(水) 23:59まで
※期間中は何度でも応募可能です。

ぴあアプリではメンバーのコメント動画をご覧いただけます。ぴあアプリをダウンロードの上、アプリでこの記事をご覧いただくと動画を視聴できます。

アプリで読む