Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」ゲネプロより。左から赤名竜之輔演じる影山飛雄、醍醐虎汰朗演じる日向翔陽。

新生烏野が“飛翔”する「ハイキュー!!」開幕、醍醐虎汰朗「熱量を届けるだけ」

ナタリー

19/11/1(金) 20:50

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」が、本日11月1日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕。これに先がけて同日、囲み取材と公開ゲネプロが実施された。

本作は古舘春一のマンガ「ハイキュー!!」を原作とした「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」の新作公演。過去作に続き、ウォーリー木下が演出・脚本を手がけ、キャストを一新した“新生烏野”の面々が登場する。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“最強の場所(チーム)”」で強豪・白鳥沢学園高校に勝利し、春の高校バレー全国大会・宮城県代表の座を掴んだ烏野高校排球部。春高全国大会が迫る中、1年セッターの影山飛雄に全日本ユース強化合宿、ミドルブロッカーの月島蛍に宮城県1年生選抜強化合宿の招集がかかる。“小さな巨人”を目指している日向翔陽はチームメイトの躍進に焦りを感じ、1年生選抜強化合宿に押しかけるものの、参加が認められず、ボール拾いをすることになってしまう。

劇中では、全国大会に向けて各々の課題と向き合う選手たちのひたむきな姿が描かれ、醍醐虎汰朗は、さらなる強さを求めてほかの選手の動きに目を光らせる日向を生き生きと演じる。赤名竜之輔は、全国レベルの選手たちに揉まれながらセッターとして自分なりの活路を見出していく影山をクールに演じ、群舞のシーンではキレのいいダンスを披露した。

また過去作同様、今作でも出演者たちが舞台上を所狭しと躍動し、プロジェクションマッピングの映像によりバレーボールの練習や試合など、場面の切り替わりがダイナミックに展開されていく。新生烏野キャストたちは、それぞれがプレイヤーとしてレベルアップし、チームが再び結束していく様子を体現した。

ゲネプロ前に行われた囲み取材には、醍醐、赤名をはじめ、山本涼介、織部典成、鐘ヶ江洸、北澤優駿、中谷優心、長田翔恩、日向野祥、一ノ瀬竜、福田侑哉、そしてウォーリーが登壇した。

まず醍醐は新生烏野について「キャストは変わりましたが、熱量や躍動感は引き継いでいるので、胸を張ってお届けできると思います」と自信を見せる。赤名は「僕にとっては初めてのお芝居ですが、キャストを含め、いろいろな方に助けられました。早くお客様に観ていただきたいです」とコメント。

月島蛍役の山本は「これまで出演されてきた方々の気持ちも背負ってがんばりたい」と意気込み、山口忠役の織部は「みんなと切磋琢磨して作り上げたものをお披露目できたらなと思います。“飛翔”できるようにがんばります」と目標を掲げる。

田中龍之介役の鐘ヶ江は「稽古でやるべきことは全部やってきました。あとは本番をやるだけです」と闘志を燃やし、西谷夕役の北澤は「もう前しか見えないです! 行ってきます!」と元気よく宣言。縁下力役の中谷は「みんなで引っ張り、引っ張られながらがんばってきた稽古期間でした」と振り返る。木下久志役の長田は「演劇『ハイキュー!!』に初登場の木下役を演じさせていただけて本当に光栄です。新生烏野が一丸となって戦う姿をぜひご覧ください!」と観客にメッセージを送った。

キャプテン・澤村大地役の日向野は「2カ月近く稽古をしてきました。観てくださる方に感動をお届けできるようにがんばります」と決意を改め、菅原孝支役の一ノ瀬は「みんなで楽しんで“全員バレー”をやっていけたらと思います」と真摯に述べる。そして東峰旭役の福田が「本日11月1日、開幕と同時に、原作である『ハイキュー!!』のコミックス40巻が発売されました。表紙は東峰旭です!」とアピールすると、周りから歓声が上がる。続けて福田は「この仲間たちとなら初日を乗り越えられると思いますし、1つひとつ丁寧にやっていきたいと思います」と付け加えた。

司会から、キャストのチームワークについて問われた赤名が「実は僕、(醍醐)虎汰朗の家に居候させてもらってるんです。家ではシーンについて話し合ったりしています」と明かすと、醍醐は「一緒に生活し始めてから一気に仲よくなったよね」と赤名に視線を送る。居候のきっかけについて尋ねられた赤名は「僕の家より、虎汰朗の家のほうが稽古場に近かったからです(笑)」と正直に述べ、報道陣の笑いを誘った。

ウォーリーは作品について「烏野キャストが新たなメンバーになったことと、春高全国大会に向けて烏野が生まれ変わる物語がリンクしています。音楽・美術・映像・振付を刷新したので、『ハイキュー!!』からまた新しいことが生まれるんだと感じてもらえるはず」と期待を煽る。続けて「前作までの熱量を引き継ぎつつ、新しいキャストが新しいドラマを作っています。今回、試合シーンは少ないですが、演劇として楽しめる部分がたくさんありますので、初めての方にも観に来ていただきたいです」と来場を呼びかけた。

最後に醍醐は「僕たちにできることはすべてやってきました。泣いても笑っても幕は開くので、あとは皆様に熱量を届けるだけ。(熱量を)受け取ってほしいですし、伝わったらうれしいです。楽しみにしていてください!」と取材を締めくくった。

上演時間は途中休憩を含む約2時間30分。公演は11月4日まで東京・TOKYO DOME CITY HALL、9日から16日まで大阪・メルパルク大阪 ホール、22日から24日まで宮城・多賀城市民会館 大ホール、12月6日から15日まで東京・日本青年館ホールにて行われる。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“飛翔”」

2019年11月1日(金)~4日(月・振休)
東京都 TOKYO DOME CITY HALL

2019年11月9日(土)~16日(土)
大阪府 メルパルク大阪 ホール

2019年11月22日(金)~24日(日)
宮城県 多賀城市民会館 大ホール

2019年12月6日(金)~15日(日)
東京都 日本青年館ホール

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔

キャスト

烏野高校

日向翔陽:醍醐虎汰朗

影山飛雄:赤名竜之輔

月島蛍:山本涼介
山口忠:織部典成
田中龍之介:鐘ヶ江洸
西谷夕:北澤優駿
縁下力:中谷優心
木下久志:長田翔恩
澤村大地:日向野祥
菅原孝支:一ノ瀬竜
東峰旭:福田侑哉

烏野高校 マネージャー
清水潔子:大久保聡美
谷地仁花:山本樹里

烏野高校 顧問・コーチ
武田一鉄:鎌苅健太
烏養繋心:小笠原健

青葉城西高校
金田一勇太郎:坂本康太
国見英:神田聖司

白鳥沢学園高校
天童覚:加藤健
白布賢二郎:佐藤信長
五色工:菊池修司
鷲匠鍛治:川下大洋

伊達工業高校
青根高伸:新井將
二口堅治:木村敦
作並浩輔:廣野凌大
黄金川貫至:羽富琉偉

井闥山学院高校
佐久早聖臣:つわぶき峻

鴎台高校
星海光来:輝山立

稲荷崎高校
宮侑:松島勇之介

新山女子高校
天内叶歌:橋爪愛

(c)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

アプリで読む