Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「大人の大運動会」の様子。

大竹まこと、ロバマンこと吉田照美に尻相撲で惨敗もチームは勝利「大人の大運動会」

ナタリー

19/11/4(月) 18:48

本日11月3日、東京・増上寺にて「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送)の公開生放送イベントが実施され、大竹まことチームと吉田照美チームが「大人の大運動会」と銘打って対決。大竹チームが勝利した。

この公開生放送は増上寺をメイン会場に文化放送、東京タワー、ハマサイトなどで展開されている「浜松町ハーベストフェスタ~浜祭~」の一環として行われたもの。「ゴールデンラジオ」出演者で構成される大竹チームと吉田チームはこれまで剣道、相撲、歌で対決を繰り広げており、今回の「大人の大運動会」で大竹チームの3勝1敗となった。

まずはたたいてかぶってジャンケンポンでカミナリまなぶ、ラバーガール飛永が2連勝。続く腕相撲でも倉田真由美が圧倒的な強さを見せつけた。マシュマロキャッチは両チーム苦戦が続く中、森永卓郎が見事成功。主演映画「ロバマン」の衣装を着用した“ロバ”こと吉田がロバの鳴き真似をしている声を当てる「クイズ吉田照美を探せ」を挟み、続く尻相撲では「小橋建太と同じ尻のフォルム」という光浦靖子が上田まりえに1勝1敗、大竹が吉田に惨敗し、6対2のリードで最後の全員綱引きへ。

審査員長であり吉田チームの一員でもある伊東四朗の鶴の一声で、綱引きに勝ったチームは4ポイント獲得できることに。伊東の意図どおりに6対6の同点になると、大竹は「同点にしてこのあとの展開どうするんだよ!?」と困惑。伊東はあっけらかんとした様子で「じゃあ1点引くよ」とあっさり勝利を大竹チームに譲って笑いを誘った。

イベント後、囲み取材に応じた大竹は「伊東さん適当なんだもん(笑)。なんでもありで面白いなあ、現役ですごい」と台本になかった同点の流れも含めて楽しんだ様子。次回はどんな対決で吉田チームを迎えたいか問われると、「盛り上がっているし、ラグビーで!」と言い放った。イベント会場の増上寺大殿前でラグビーが行われるのか、それともまったく別の競技が繰り広げられるのか、次の「浜祭」も楽しみにしておこう。

アプリで読む