Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Mamocita 2018

「運命の絵」に魅せられた老美術商の最後の勝負 映画『ラスト・ディール』

CINRA.NET

19/10/23(水) 20:00

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』が、2020年2月28日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開される。

フィンランド出身のクラウス・ハロ監督が、『アカデミー賞』ショートリストに選出、『ゴールデングローブ賞』外国語映画賞にノミネートされた『こころに剣士を』の脚本家アナ・ヘイナマーと再タッグを組んだ同作は、年老いた美術商オラヴィの生き様を描いた作品。職業体験のために音信不通だった娘の息子オットーを預かることになったオラヴィが、イリヤ・レーピンの作と思しき「幻の絵画」を手に入れるために資金繰りに奔走する中で、想像もしていなかった娘親子の過去を知るというあらすじだ。フィンランド国立アテネウム美術館や現地ギャラリーの全面協力のもとで制作された。

出演者は、ヘイッキ・ノウシアイネン、ピルヨ・ロンカ、アモス・ブロテルス、ステファン・サウク。今回の発表とあわせてポスタービジュアル、場面写真が公開された。

アプリで読む