Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

木村拓哉、アルバム『Go with the Flow』に稲葉浩志、小山田圭吾、槇原敬之、川上洋平ら楽曲提供

リアルサウンド

19/9/30(月) 6:00

 木村拓哉が、2020年1月8日にアルバム『Go with the Flow』を発売。アーティスト活動を始動する。

(関連:木村拓哉、B’z 稲葉浩志との本音トークへの期待 ゲストにマツコ・デラックス迎えたラジオを聞いて

 木村は2018年8月からラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM・全国38局ネット)をスタート。同番組の最初のアーティストゲストは公私ともに親交のある稲葉浩志だった。その際の「この夏に、一瞬でしたが、間近で木村拓哉のステージ熱のようなものを感じました。そろそろ木村拓哉の思い切り歌う姿を見たいなと単純に僕は思っているということです(※2018年夏のB’zライブに木村がサプライズ出演)」といった稲葉の言葉をはじめ、[ALEXANDROS]、LOVE PSYCHEDELICO、森山直太朗とアーティストゲストが登場するたびに音楽の話になり、各アーティストからの楽曲提供の話も浮上。音楽活動のプロジェクトの骨格が築き出されていったという。そしてついにアルバムがリリースできるほどの楽曲が集まり、番組を中心としたアーティストからの後押しやリスナーからの多くの声を受けて木村のスイッチが入り、アルバムリリースが実現した。

 楽曲提供には、稲葉浩志、川上洋平([ALEXANDROS])、LOVE PSYCHEDELICO、森山直太朗といった番組に登場したアーティスト以外にも、槇原敬之、水野良樹(いきものがかり、HIROBA)、Uruや小山田圭吾(コーネリアス)が参加している。

 また、今回公開されたアーティスト写真は、アルバムタイトルとも連動するものに。「Go with the Flow」という言葉には「流れに乗って前に進む」といった意味が込められており、しなやかに、自らの意思で未来へ向かって進んでいく現在の木村拓哉自身の等身大を表現するかのようなビジュアルとなっている。

 さらに、MVのメイキングも本日一部公開された。メイキング映像は『Go with the Flow』の世界観をより現実のものとして表現できるように「等身大の木村拓哉」をテーマに撮影。撮影当日はサーフィンをしているシーンや、浜辺での撮影、また、キャンピングカーでの撮影と実際の木村自身が普段行なっている日常の一部分を切り取ったかのような映像となっている。使用楽曲はUruが作詞・作曲を手がけた「サンセットベンチ」。MVは今後公開予定だ。

 GYAO!では、共同企画「みんなの写真で木村拓哉を作ろう!「1/木村拓哉」(キムラタクヤ・ブンノイチ)」の企画も発表。ユーザーから投稿された写真を使って一枚の木村拓哉のモザイクアートを作成する。応募期間は9月29日12時から10月31日23時59分まで。

 なお、木村拓哉は、『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』番組内にて「せっかくアルバムを出させていただくことになったので、皆さんと一緒にそのアルバムをもとにどこかで騒げる場所が持てたらいいなという風に自分の中では思っています」と語っており、ライブに関しても検討中とのこと。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む