Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

LiLiCoのこの映画、埋もらせちゃダメ!

『もったいないキッチン』を観て、日本の食品ロスについて考えてほしい

月2回連載

第51回

20/8/7(金)

有人飛行機で鳥と一緒に旅をする。そんな偉業を成し遂げた作品

今回は現在公開中のフランス映画から紹介します。実話をベースにした『グランド・ジャーニー』。人が渡り鳥と一緒に旅することで、絶滅の危機に瀕した鳥たちを守ろうとした、という、実話とは思えない壮大な物語です。

フランスのカマルグで雁の研究をしている気象学者のクリスチャンは、超軽量飛行機(ULM)を使って、絶滅が危惧されている渡り鳥に、かつて繁殖していた土地への安全な飛行ルートを教える、という無謀な計画に夢中。そんな父につきあわされた息子のトマは、オンラインゲームをしようにもWi-Fiのない大自然の中なんて全く興味なし。

でも、ある出来事をきっかけに、トマはクリスチャンの計画に協力することになり、ふたりで渡り鳥との冒険に出ることになります。ジャック・ペラン監督の『WATARIDORI』というドキュメンタリー映画で、製作に参加していた気象学者・鳥類研究家のクリスチャン・ムレクの実話をベースにした大冒険物語です。

『グランド・ジャーニー』

まずトマ役のルイ・バスケスが、めちゃくちゃかわいい! 彼の出演作はこれ以外では端役の作品しかなかったので、主演は初めて。なんてきれいな子を見つけてきたんだ、と思いました。顔立ちが、若い頃のオーランド・ブルームのような親近感があるので、きっと日本の皆さんにも分かっていただけるはず。

『グランド・ジャーニー』

もちろん、この映画の素晴らしさは彼の美しさだけじゃありません。ヨーロッパの大自然を余すところなく映していて、観ているだけでヨーロッパに行きたくなるほど。しかも、画が美しいんですよ。有人のULMを使って、鳥と一緒に旅をするなんて、とてもじゃないけど現実的とは思えないことですが、実際にやってのけたんですよね。その偉業を、大自然の美景とともに映し出すことに成功し、自然ドキュメンタリーさながらの美しい画が実現しました。

そして、家族ドラマとしても物語がよく練られているので、親子で観るのにもぴったり。『グレムリン』や『グーニーズ』などに興奮した私たち、親世代には、懐かしい冒険心をくすぐられると思いますよ。

『グランド・ジャーニー』

自分にもできることはないか、確かめながら食品ロスを考える

もうひと作品はドキュメンタリー映画。『もったいないキッチン』です。これは、ヨーロッパのジャーナリストが、日本を舞台に展開する廃棄食品問題に切り込んだ作品です。

オーストリアのジャーナリスト、ダーヴィド・グロスは、廃棄食材をめぐった旅のドキュメンタリーを手がけた監督でもあります。彼が目をつけたのは日本。世界的に食料の3分の1は食べられることなく廃棄されているというデータがあるんですが、日本はその割合としてはトップクラス。なんと年間で643万トンもの食料が廃棄されています。

その現実を知ったダーヴィドは、日本全国を4週間、フードトラックで周り、旅の道中で出会ったシェフや農家の人々らとともに、廃棄される予定の食材を料理に生まれ変わらせる旅を繰り広げる、という作品。

『もったいないキッチン』

いや、本当に日本って「もったいない」っていう言葉があって、プラスチックリサイクルなどリサイクルは積極的なはずなのに、食品ロスがこんなに多かったなんて、と驚かされました。

今が、積極的に外出できない特殊な時期だからこそ、特にこの問題には目を向けてほしいんですよね。だって、これまで当たり前にやってきたことを、変えるチャンスでもあるんですから。

『もったいないキッチン』

ダーヴィドの旅の中では、あらゆる工夫を見せてくれるんですよ。たとえば、農村のおばあさんが山に生えている野草を使った料理を見せたり、各地で食品廃棄問題に取り組んでいる人たちがどういうことをしているかを見せたり、身近なところではコンビニでの取り組みを紹介したり。自分にもできることはないか、確かめながら食品ロスについて考えることができると思います。

『もったいないキッチン』

それに、ダーヴィドもそうだけど、出てくる人々がみんな幸せそうなんですよ。心を入れ替えて、新しい生活を取り入れている人は、生き方まで変わって、前向きに物事を進められるんでしょうね。この数カ月で、自分を見つめる時間が増えた人が多いことと思いますが、この映画で食品ロスについてもちょっと見つめ直してみませんか?

※次回は8月28日(金)に更新予定です!

取材・文:よしひろまさみち/撮影:源賀津己
(C)2019 SND, tous droits reserves.
(C)UNITED PEOPLE/(C)Macky Kawana

プロフィール

LiLiCo
1970年11月16日、スウェーデン・ストックホルム生まれ。18歳で来日し、芸能界へ。01年からTBS『王様のブランチ』に映画コメンテーターとして出演するほか、女優、ナレーター、エッセイの執筆など幅広く活躍。

夫である純烈の小田井涼平との夫婦生活から、スウェーデンで挙げた結婚式の模様、式のために2カ月で9kgに成功したダイエット術、スウェーデン育ちならではのライフスタイルまで、LiLiCoのすべてを詰め込んだ最新著書『遅咲きも晩婚もHappyに変えて 北欧マインドの暮らし』が、2019年9月に講談社より発売された。

『遅咲きも晩婚もHappyに変えて 北欧マインドの暮らし』

講談社 1400円(税別)
発売中

アプリで読む