Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「エセルとアーネスト ふたりの物語」

「エセルとアーネスト」夫婦に40年寄り添った不思議な黒猫の登場シーンが公開

ナタリー

19/9/2(月) 21:20

「エセルとアーネスト ふたりの物語」より、本編映像の一部がYouTubeで解禁となった。

本作は「スノーマン」「風が吹くとき」で知られる絵本作家レイモンド・ブリッグズが自身の両親を描いた物語。1928年、英ロンドンで牛乳配達のアーネストとメイドのエセルが出会って結婚し、戦争を乗り越え、そして世を去る1971年までがアニメーションで描き出される。

公開された映像は、本作において重要なキャラクターである黒猫スージーの登場シーンをまとめたもの。エセルとアーネストが結婚し、新居へ引っ越した日に現れた黒猫は、ブリッグズ家と戦中戦後の暮らしをともにする。そして年月が過ぎ去り、エセルの亡きあとはアーネストの話し相手となっていく。

原作者のブリッグズは黒猫をエイジレスなものとして登場させた。エセルとアーネストが年老いていき、息子レイモンドも成長していく中で、唯一変わらない存在として物語に寄り添ったスージー。実際のブリッグズ家は何代かにわたり黒猫を飼っていたが、本作で40年以上の間登場し続ける猫は“不思議な力を持った存在”として描かれた。

ロジャー・メインウッド監督作「エセルとアーネスト ふたりの物語」は、9月28日より東京・岩波ホールほか全国順次ロードショー。

(c)Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016

アプリで読む